Winmerge - WORD、Excel、pdf をテキスト比較する

 クラウディア
1. 概要
2. ダウンロード
3. インストール
4. Winmerge の設定
5. pdf もできるのだ

1. 概要

 WORD、Excel 等のファイルをテキストファイルとして、文字列が変わったところのみを表示するためのプラグインがあります。

2. ダウンロード

 ダウンロードサイトは以下になります。
xdocdiff WinMerge Plugin -Word、Excel、PowerPoint、pdfの比較・差分を見る
 上記サイトに書いてあるように、このプラグインは 32bit版でないとうまく動作しないようですので、このプラグインを使用する場合は、64bit版の「Winmerge」をインストールしているのであれば、アンインストールして 32bit版をインストールしなおしてください。

3. インストール

 ダウンロードした「xdocdiffPlugin_1_0_6d.zip」を解凍します。  解凍してできた
xdoc2txt.exe
zlib.dll
 を「Winmerge」のインストールフォルダ (おそらくは「C:\Program Files (x86)\WinMerge」) にコピーします。  また

MergePlugins\amb_xdocdiffPlugin.dll
 を「Winmerge」のサブフォルダ「MergePlugins」 (おそらくは「C:\Program Files (x86)\WinMerge\MergePlugins」) にコピーします。

4. Winmerge の設定

 WORD のファイルを比較するとデフォルトではこんな感じですが
「Winmerge」-「デフォルトのバイナリファイルの比較」

 前項までを設定していれば
 「プラグイン」で『自動展開』をチェックしておいて「プラグインの設定」

「Winmerge」-「プラグインの設定」

 『プラグインを有効にする』と『amb_xdocdiffPlugin.dll』をチェックしておきます。

「Winmerge」-「プラグイン」

 再度開きなおすと文字が見えるようになります。

「Winmerge」-「プラグイン設定後の比較結果」

 これを「TortoiseSVN」に適用する方法については、「TortoiseSVN - 差分ビューアの設定」で述べていますので、そちらを参照してください。

5. pdf もできるのだ

 「.pdf」のファイルをテキスト比較しなければならない事態に、おちいりまして。  「PDF比較、差分チェックに便利なツール②「WinMerge」 | ドラブロ – let bygones be bygones –」を読むと、前項までの手順で、「.pdf」もできるようなので、やってみます。  以下のような、2つの「.pdf」ファイルを用意しました。
「Winmerge」-「修正前 .pdf」

「Winmerge」-「修正後 .pdf」

 まぁ、これらは、当然、テキストの部分をイメージでなく、テキストとして保存している必要があるのですが。

 「Winmerge」で比較しますと。

「Winmerge」-「.pdf」「比較」

 見事、比較してくれました。

Tokyo Speed Wi-FiSirusi
 
 
カウンタバックグラウンド