TortoiseSVN - 差分ビューアの設定

 
1. 差分ビューアの設定
2. Winmerge xdocdiffPlugin の設定
3. .docx、.xlsx が設定されていないとき

1. 差分ビューアの設定

 TortoiseSVN が内包している差分ビューアがいささか読みにくいので、わたしは別項で紹介している「Winmerge」を使用しています。  Winmerge をインストールしているならば、適当なフォルダかファイルを右クリックして  「TortoiseSVN」→「設定」
TortoiseSVN -「設定」

 「差分ビューア」タブで
 『異なるリビジョンのファイルの比較に使用するプログラムの設定』で「外部」をチェックしてビューアに使用するプログラムを設定します。

 Winmerge を設定するのであれば


C:¥Program Files¥WinMerge¥WinMergeU.exe
 かもしくは

C:¥Program Files (x86)¥WinMerge¥¥WinMergeU.exe
 になります。  Winmerge インストール時に TortoiseSVN との連動を設定している場合、自動的に

C:¥Program Files (x86)¥WinMerge¥WinMergeU.exe -e -ub -dl %bname -dr %yname %base %mine
 という値が設定されているかと思います。
TortoiseSVN -「差分ビューアー」

2. Winmerge xdocdiffPlugin の設定

 Office を使用していて、.doc や .xls を差分比較する場合、これは高度な設定が適用されてしまいます。  Winmerge に xdocdiffPlugin を適用したいのであれば、上記『差分ビューア』で設定しているビューアの内容をコピーしておいて  「高度な設定」  編集したい拡張子を選んで「編集」
TortoiseSVN -「差分の高度な設定」

 『外部プログラム』にペーストして「OK」

TortoiseSVN -「拡張子に対応した差分プログラムを編集」

3. .docx、.xlsx が設定されていないとき

 前に OfficeXP 以前の製品を使用していて、Winmerge を差分ビューアに設定しておいて、その後、Office2007 以降の製品をインストールした場合、.docx や .xlsx の差分ビューアが Winnerge に関連付けされていないことがあります。  そのときは TortoiseSVN の設定画面で、前項の設定を .docx と .xlsx に適用します。