qtile - FreeBSD 11.4 - 環境構築

 クラウディア
1. 概要
2. インストール
3. SDDM カスタマイズ
4. .desktop ファイルの作成
5. ユーザ用初期化ファイルの作成
6. /etc/rc.conf 編集
7. ログインマネージャ起動

1. 概要

 「ArcoLinux 20.07.5」で「qtile」を扱おうとするので、「FreeBSD」でも扱ってみます。  下記のデスクトップ環境を構築する手順を記述します。  ここまでの時点で、システムインストールと「VirtualBox Guest Additions」の設定は終わっているものとします。  ぞれぞれのインストール・設定に関しては 「FreeBSD - デスクトップ環境構築 - 共通事項 - システムインストール」 「FreeBSD - デスクトップ環境構築 - 共通事項 - VirtualBox Guest Additions」  をご参照ください。
 項目   内容   備考 
ホスト Windows10 Version 2004
VitualBox Version 6.1.14
ゲスト FreeBSD 11.4 RELEASE
ログインマネージャ SDDM

2. インストール


pkg install -y xorg numlockx ja-font-migmix
pkg install -y sddm sddm-freebsd-black-theme hal cursor-neutral-white-theme
pkg install -y qtile
 この後で、「python」のモジュールを入れ替えます。  そうしないと「qtile」起動時に

pkg_resources.DistributionNotFound: The 'xcffib>=0.8.1' distribution was not found and is required by qtile
 と、こけてしまいます。  「py-xcffib」のバージョンが、「qtile」の必要とするものにあっていないようなのです。  いささか無理やりなことをします。  「pip」のインストール。  「python3.7」なので

pkg install -y py37-pip
 「xcffib」のアンインストール。

pip uninstall xcffib
 インストール。

pip install xcffib
 これで、「xcffib」のバージョンは「0.10.1」になりました。  2020年9月4日の時点で、「qtile」は下記のバージョンでした。

$ pkg info qtile
qtile-0.14.2
Name           : qtile
Version        : 0.14.2
Installed on   : Wed Sep 16 13:36:06 2020 JST
Origin         : x11-wm/qtile
Architecture   : FreeBSD:11:*
Prefix         : /usr/local
Categories     : x11-wm
Licenses       : MIT
Maintainer     : ericbsd@FreeBSD.org
WWW            : http://qtile.org
Comment        : Small, flexible, scriptable tiling window manager written in Python
Options        :
        DOCS           : on
Annotations    :
        repo_type      : binary
        repository     : FreeBSD
Flat size      : 2.40MiB
Description    :
Qtile is simple, small, and extensible. It's easy to write your own layouts,
widgets, and built-in commands.

Qtile is written and configured entirely in Python, which means you can
leverage the full power and flexibility of the language to make it fit your
needs.

WWW: http://qtile.org

3. SDDM カスタマイズ

 ログイン画面の解像度を「1366x768」とし、キーボードレイアウトを「jp.106」にします。  「root」ユーザで

cat << EOF >>  /usr/local/share/sddm/scripts/Xsetup

xrandr --output VGA-0 --mode 1366x768 --rate 60
setxkbmap -layout jp
EOF
 ログイン画面のテーマとカーソルを変更します。  「root」ユーザのまま

sddm --example-config > /usr/local/etc/sddm.conf
vi /usr/local/etc/sddm.conf

[Theme]
# Current theme name
Current=breeze

# Cursor theme used in the greeter
CursorTheme=breeze_cursors
 を下記へ変更します。

[Theme]
# Current theme name
Current=sddm-freebsd-black-theme

# Cursor theme used in the greeter
CursorTheme=Neutral++_White

4. .desktop ファイルの作成

 他のタイル型デスクトップと異なり、「qtile」は、インストール時点で

/usr/local/share/xsessions/qtile.desktop
 が作成されていますので、「.desktop」を作成する必要はありません。

5. ユーザ用初期化ファイルの作成

 「root」ユーザで

cat << EOF >> /usr/share/skel/dot.xinitrc
#!/bin/sh
# set locale
export LC_ALL=ja_JP.UTF-8
export LANGUAGE=ja_JP.UTF-8
export LANG=ja_JP.UTF-8
#
setxkbmap -layout jp
numlockx &
#xsetroot -cursor_name left_ptr

if [ -e /usr/local/bin/VBoxClient-all ]; then
    /usr/local/bin/VBoxClient-all
fi

qtile
EOF
chmod +x /usr/share/skel/dot.xsession
 既存のログインユーザで、まず、セッション開始の手順をスケルトンよりコピー。

cp /usr/share/skel/dot.xinitrc ~/.xinitrc
 ログインユーザ用の起動時のスクリプトをシステムファイルからコピーします。

mkdir -pv ~/.config/qtile/
cp /usr/local/lib/python3.7/site-packages/libqtile/resources/default_config.py ~/.config/qtile/config.py

6. /etc/rc.conf 編集

 前項までインストール・設定したものを有効にします。  「root」ユーザで

cat << EOF >> /etc/rc.conf

polkitd_enable="YES"
dbus_enable="YES"
hald_enable="YES"
sddm_enable="YES"
EOF

7. ログインマネージャ起動

 「root」ユーザで

service dbus start
service hald start
service sddm start
 うまく設定できていれば、ログイン画面が表示されます。  ユーザ名・パスワードを入力してログインします。
「qtile FreeBSD 11.4」-「ログイン画面」

マイニングベース高速大容量レンタルサーバ10GJETBOYKiPuRu高速大容量レンタルサーバ10GU-NEXT
 
 
カウンタバックグラウンド