LXQt - FreeBSD 11.4 RELEASE - 環境構築

 クラウディア
1. 概要
2. インストール
3. SDDM カスタマイズ
4. シャットダウンユーザ設定
5. ユーザ用初期化ファイルの作成
6. /etc/rc.conf 編集
7. ログインマネージャ起動

1. 概要

 下記のデスクトップ環境を構築する手順を記述します。  ここまでの時点で、システムインストールと「VirtualBox Guest Additions」の設定は終わっているものとします。  ぞれぞれのインストール・設定に関しては、 「FreeBSD - デスクトップ環境構築 - 共通事項 - システムインストール」 「FreeBSD - デスクトップ環境構築 - 共通事項 - VirtualBox Guest Additions」  をご参照ください。
 項目   内容   備考 
ホスト Windows10 Version 2004
VitualBox Version 6.1.8
ゲスト FreeBSD 11.4 RELEASE
ログインマネージャ SDDM

2. インストール

 「root」ユーザで

pkg install -y xorg numlockx ja-font-migmix
pkg install -y sddm sddm-freebsd-black-theme hal cursor-neutral-white-theme
pkg install -y lxqt
 2020年6月23日の時点で、「LXQt」のバージョンは、下記の通りでした。

$ pkg info lxqt
lxqt-0.14.1
Name           : lxqt
Version        : 0.14.1
Installed on   : Tue Jun 23 18:58:37 2020 JST
Origin         : x11-wm/lxqt
Architecture   : FreeBSD:11:*
Prefix         : /usr/local
Categories     : x11-wm
Licenses       : LGPL21+
Maintainer     : jsm@FreeBSD.org
WWW            : http://lxqt.org/
Comment        : Meta-port for the LXQt Desktop
Options        :
        EDITOR         : on
        SSH            : on
        SUDO           : on
Annotations    :
        repo_type      : binary
        repository     : FreeBSD
Flat size      : 427B
Description    :
LXQt is an advanced, easy-to-use, and fast desktop environment based on
Qt technologies.  It has been tailored for users who value simplicity,
speed, and an intuitive interface.  Unlike most desktop environments,
LXQt also works fine with less powerful machines.

WWW: http://lxqt.org/
 「LXDE」が、「FreeBSD 12.1 RELEASE」のときと、バージョン変わっていないのは、活動が止まっているからだろうなと、想像できましたが、「LXQt」も「FreeBSD 12.1 RELEASE」のときと、バージョンは変わっていません。

3. SDDM カスタマイズ

 ログイン画面の解像度を「1366x768」とし、キーボードレイアウトを「jp.106」にします。  「root」ユーザで

cat << EOF >>  /usr/local/share/sddm/scripts/Xsetup

xrandr --output VGA-0 --mode 1366x768 --rate 60
setxkbmap -layout jp
EOF
 ログイン画面のテーマとカーソルを変更します。  「root」ユーザのまま

sddm --example-config > /usr/local/etc/sddm.conf
vi /usr/local/etc/sddm.conf

[Theme]
# Current theme name
Current=breeze

# Cursor theme used in the greeter
CursorTheme=breeze_cursors
 を下記へ変更します。

[Theme]
# Current theme name
Current=sddm-freebsd-black-theme

# Cursor theme used in the greeter
CursorTheme=Neutral++_White

4. シャットダウンユーザの設定

 一般ユーザからもシャットダウンできるようにします。  逆に、一般ユーザからシャットダウンさせないようにするにはこの手順を行わないでください。  「LXQt - Why does Mate system menu not have the Shutdown and Restart items? | The FreeBSD Forums」を参考にさせていただきました。

/usr/local/etc/polkit-1/rules.d/50-default.rules
 を編集します。  「root」ユーザで

cat << EOF >> /usr/local/etc/polkit-1/rules.d/50-default.rules

polkit.addRule(function (action, subject)
{
    if ((action.id == "org.freedesktop.consolekit.system.restart" ||
         action.id == "org.freedesktop.consolekit.system.stop")   &&
         subject.isInGroup("wheel"))
    {
        return polkit.Result.YES;
    }
});
EOF
 「wheel」の箇所に、再起動・シャットダウンを許可したいユーザの所属する、グループ名を記述します。  わたしは、サスペンドを使いませんので、省略しています。  サスペンドを許可するには、「subject.isInGroup("wheel"))」の前に続けて、「|| action.id == "org.freedesktop.consolekit.system.suspend"」を追加します。

5. ユーザ用初期化ファイルの作成

 「root」ユーザで

cat - << EOF >> /usr/share/skel/dot.xsession
#!/bin/sh
# set locale
export LC_ALL=ja_JP.UTF-8
export LANGUAGE=ja_JP.UTF-8
export LANG=ja_JP.UTF-8
#
setxkbmap -layout jp
numlockx &
EOF
chmod +x /usr/share/skel/dot.xsession
 既存のログインユーザで

cp /usr/share/skel/dot.xsession ~/.xsession

6. /etc/rc.conf 編集

 前項までインストール・設定したものを有効にします。

cat - << EOF >> /etc/rc.conf

polkitd_enable="YES"
dbus_enable="YES"
hald_enable="YES"
sddm_enable="YES"
EOF

7. ログインマネージャ起動

 「root」ユーザで

service dbus start
service hald start
service sddm start
 うまく設定できていれば、ログイン画面が表示されます。  ユーザ名・パスワードを入力してログインします。
「LXQt FreeBSD 11.4」-「ログイン画面」

マイニングベースU-NEXTKiPuRu
 
 
カウンタバックグラウンド