Windows10 - Version 1903 - 更新できなかった例

 
1. 更新できないこともあるのだ
2. 対処

1. 更新できないこともあるのだ

 ある、マシンは、「1809」のときもそうであったが、「1903」でも、同様の状況になったのだ。  インストール後に「起動できません」「変更を元に戻します」というメッセージのあと、元に戻して起動されました。  まぁ、起動できてほっとしました。  ログインすると
「Windows10」-「Version 1903」-「Windows10 をインストールできませんでした」

 てなことになっておりました。

 一応「トラブルシューティングのヒント」ってのを押すと「Get help with Windows 10 upgrade and installation errors - Windows Help」ってなページに飛びました。


 時間があれば、じっくり読むこととして、今回は、前のインストーラを閉じました。

2. 参考サイト

 前項の問題を解決するために「0xc1900101 - 0x30018」で検索したら、わらわら、沢山のサイトが引っ掛かりました。  いろいろと対策がありました。  「外付けのデバイスをはずす」「ウィルス対策ソフトをアンインストールする」「BIOS で『USB レガシーモードを有効にする』になっていたら『無効にする』に変換する」等々・・・。  7回ほど、同じ目にあいました。  最終的に、わたしのマシンでめ手になったのは「Windows 10 最新アップデートの失敗と個人用ファイルのみ引き継ぐ選択について」でありました。  すなわち・・・。  「インストールする準備ができました」の画面で「個人用ファイルとアプリを引き継ぐ」の「引き継ぐものを変更」にして。  「個人用ファイルのみを引き継ぐ」に変更します。  あとは、デフォルトのインストールと同様の手順をふむことで、無事、インストールできました。  実機のほうが時間がかかるようで、数時間かかりました。  つらいのは、インストールしていたアプリケーションはすべて未インストールの状態になるので、すべてインストールしなおし・・・。  また、カスタマイズしていた項目は、ほぼすべてリセットされてしまったので、元の状態に戻すには数日かかりました(2019年8月14日)。
 
 
カウンタバックグラウンド