メールクライアント - Thunderbird - 日本語化 - バージョン 60.3.1

 クラウディア
1. 概要
2. アドオンの有効化
3. 再起動

1. 概要

 これは GhostBSD 18.10 上の Thunderbird 60.3.1 を日本語化したときの記録です。

2. アドオンの有効化

 GhostBSD 18.10 では、インストール後に既にアドオンもインストールされていましたが、インストールされていない場合は「バージョン 52.6.0」のようにインストール手順が必要かもしれません。  メニューを右クリックして  「Menu Bar」のチェックをいれてメニューバーを表示します。
「Thunderbird 60.3.1」-「右クリック」→「メニューバー表示」

 「Tools」→「Add-ons」

「Thunderbird 60.3.1」-「Tools」「Add-ons」

 「Language」タブで
 「Japanese Language Pack」を「Enable」へ

「Thunderbird 60.3.1」-「Tools」「Add-ons」「Japanese LanguagePack」

 「Edit」→「Preferences」

「Thunderbird 60.3.1」-「Edit」「Preferences」

 「Advanced」タブで
 「Config Editor...」

「Thunderbird 60.3.1」-「Edit」「Preferences」

 「I accept the risk!」

「Thunderbird 60.3.1」-「about:config」

 「search」 欄に
 「intl.locale.requested」 と入力
 何も表示されないはずです・・・。

 空白の行を右クリックして
 「New」 → 「String」

「Thunderbird 60.3.1」-「about:config」「intl.locale.requested」「New String」

 「New string value」 に
 「intl.locale.requested」 と入力して
 「OK」

「Thunderbird 60.3.1」-「about:config」「New string value」

 「Enter string value」 に
 「ja」 と入力して
 「OK」

「Thunderbird 60.3.1」-「about:config」「Enter string value」

3. 再起動

 いったん Thunderbird を閉じて起動すると日本語化されています。
「Thunderbird 60.3.1」-「再起動後」

Tokyo Speed Wi-Fi
 
 
カウンタバックグラウンド