Visual Studio Code - 拡張機能 - 全角スペース表示

 クラウディア
1. 概要
2. インストール
3. ソースを開く
4. GHC インストール

1. 概要

 プログラミング言語「Haskell」をさわってみております。  メインに使用しているエディタは、「Eclipse」なので、当初、「Eclipse」のプラグインを探したのですが。  プラグインは、存在したものの、メンテナンスされていないようで、現在(2020年7月24日)のバージョンと互換性がなく、エラーが発生して何も操作できないので、「Eclipse」は断念しました。  探してみると、「Visual Studio Code」で「Haskell」の拡張機能があるようなので使ってみます。

2. インストール

 「Visual Studio Code」のマーケットプレース(なんだか、「Eclipse」の真似?)に存在します。
Haskell - Visual Studio Marketplace
 ほぼ中央の「Install」
「Visual Studio Code」-「拡張機能」「Haskell」「インストールサイト」

 「Visual Studio Code を開く」

「Visual Studio Code」-「Visual Studio Code を開きますか」

 ほぼ、ウェブと同じ構成の画面が開きますので
 「Install」

「Visual Studio Code」-「コマンドパレット」

3. ソースを開く

 あらかじめ作成していた、「Haskell」のソースを開くと  「haskell-language-server-wrapper」というもののダウンロードが始まります。
「Visual Studio Code」-「Haskell」

4. GHC インストール

 前項の結果、「GHC」をダウンロードできるようになるようです(右下)。  実は、「stack」を使って、インストールしていたのですが、それは、見つけられないようです。  せっかくなので、エディタと連動している方がうれしい。  右下の「Install GHC」
「Visual Studio Code」-「Haskell」「Install GHC」

 「Haskell」のウェブサイトへ行くようです。

 「開く」

「Visual Studio Code」-「Code が外部 Web サイトを開けるようにしますか」

 なんのブラウザで開くかきいてきますので、選択して決定します。

 下記のアドレスが開きます。

Download Haskell Platform
 なんだこれ、難しそうで断念したところでした。  (え~ん、簡単にインストールできるかもと、「stack」でインストールしたものを削除しちゃったのに・・・)
「Download Haskell Platform」

 まぁ、なくてもシンタックスハイライトは動作するので、インストールは、いずれということで、このまま少し使ってみます。

SirusiGigabyte Push ギガバイトプシュ
 
 
カウンタバックグラウンド