ROSA - R11 - 共通事項 - sshd・rcs・ftpd・vim

 
1. 概要
2. sshd
3. rcs
4. ftpd
5. vim

1. 概要

 わたしが、通常使用する、サービス・コマンドの類です。

2. sshd

 「sshd」は、本サイトの手順でインストールしていれば、オペレーティングシステムのインストール時点でインストールされていますし、起動した時点で、有効化されています。  IP アドレスさえわかれば、すぐにログインできます。

3. rcs

 これは、「root」ユーザで、「urpmi」コマンドでじゅうぶん。

urpmi rcs

4. ftpd

 「Mandrake」の系列は、「proftpd」しかないのかと思いきや、このディストリビューションのリポジトリには、「vsftpd」があります。  「vsfptd」の方が、設定しやすい(単に自分が慣れているだけ)のでそちらをインストールします。

urpmi vsftpd
 設定ファイルを編集します。

vi /etc/vsftpd/vsftpd.conf
 anonymous 接続を禁止、ログインユーザで接続を許可、書き込み可、IPv4 接続を設定します。

# Allow anonymous FTP? (Beware - allowed by default if you comment this out).
anonymous_enable=YES
#
# Uncomment this to allow local users to log in.
#local_enable=YES
#
# Uncomment this to enable any form of FTP write command.
#write_enable=YES
 を下記へ

# Allow anonymous FTP? (Beware - allowed by default if you comment this out).
anonymous_enable=NO
#
# Uncomment this to allow local users to log in.
local_enable=YES
#
# Uncomment this to enable any form of FTP write command.
write_enable=YES

# When "listen" directive is enabled, vsftpd runs in standalone mode and
# listens on IPv4 sockets. This directive cannot be used in conjunction
# with the listen_ipv6 directive.
listen=NO
#
# This directive enables listening on IPv6 sockets. By default, listening
# on the IPv6 "any" address (::) will accept connections from both IPv6
# and IPv4 clients. It is not necessary to listen on *both* IPv4 and IPv6
# sockets. If you want that (perhaps because you want to listen on specific
# addresses) then you must run two copies of vsftpd with two configuration
# files.
# Make sure, that one of the listen options is commented !!
listen_ipv6=YES

pam_service_name=vsftpd
userlist_enable=YES
tcp_wrappers=YES
 を下記へ

# When "listen" directive is enabled, vsftpd runs in standalone mode and
# listens on IPv4 sockets. This directive cannot be used in conjunction
# with the listen_ipv6 directive.
listen=YES
#
# This directive enables listening on IPv6 sockets. By default, listening
# on the IPv6 "any" address (::) will accept connections from both IPv6
# and IPv4 clients. It is not necessary to listen on *both* IPv4 and IPv6
# sockets. If you want that (perhaps because you want to listen on specific
# addresses) then you must run two copies of vsftpd with two configuration
# files.
# Make sure, that one of the listen options is commented !!
listen_ipv6=NO

pam_service_name=vsftpd
userlist_enable=YES
tcp_wrappers=YES
 起動設定を行います。  画像は、「XFCE」のものです。  「スタート」→「システム」→「Services Configuration」
「ROSA R11」-「スタート」→「システム」→「Services Configuration」

 認証がある場合は
 「root」ユーザのパスワードを入力して
 「OK」


 「vsftpd」を「開始」「OK」で起動します。
 「起動時に開始」にチェックをいれて「OK」すれば、次回から、システム起動時に開始します。

「ROSA R11」-「サービスとデーモン」

5. vim

 「vim」は、デフォルトでインストールされておるので、次ページ以降の設定を行うだけです。
 
 
カウンタバックグラウンド