Linux - Slackware - 14.2 - 基本操作 - MATE インストール

 
1. 概要
2. slackpkg+ インストール
3. パッケージアップデート・アップグレード
4. MATE インストール
5. デスクトップ切り替え
6. 苦し紛れ

1. 概要

 さて、ここまで XFCE で、すすめてきているのですが、XFCE のスクリーンショットツールは、VirtualBox のクリップボードに張り付かないのだ。  これは、困ったものです。  MATE を使いたいが、slackpkg で見当たらない。  調べてみると、Slackware 用の MATE のプログラムは「Mate-desktop Download (DEB, RPM, TGZ, TXZ, XZ)」を見るとあるようなのです。  更に調べて「Mate Desktop for Slackware | Puolanka Info」に、その記事があったので、見よう見まねでやってみます。

2. slackpkg+ インストール

 参考サイトによれば、「slackpkg+」というものをインストールする必要があるようです。  「Index of /slackpkg+/pkg」に、ソースがあるようで。  2019年4月16日時点では「slackpkg+-1.7.0-noarch-10mt.txz」のようです。  ダウンロード。

$ wget http://slakfinder.org/slackpkg+/pkg/slackpkg+-1.7.0-noarch-10mt.txz
--2019-04-16 08:46:50--  http://slakfinder.org/slackpkg+/pkg/slackpkg+-1.7.0-noarch-10mt.txz
Resolving slakfinder.org (slakfinder.org)... 37.9.231.92
Connecting to slakfinder.org (slakfinder.org)|37.9.231.92|:80... connected.
HTTP request sent, awaiting response... 200 OK
Length: 57372 (56K) [application/x-troff-man]
Saving to: 'slackpkg+-1.7.0-noarch-10mt.txz'

slackpkg+-1.7.0-noarch-10mt.txz  100%[========================================================>]  56.03K  74.3KB/s    in 0.8s

2019-04-16 08:46:52 (74.3 KB/s) - 'slackpkg+-1.7.0-noarch-10mt.txz' saved [57372/57372]
 インストール。

$ installpkg slackpkg+-1.7.0-noarch-10mt.txz
Verifying package slackpkg+-1.7.0-noarch-10mt.txz.
Installing package slackpkg+-1.7.0-noarch-10mt.txz:
PACKAGE DESCRIPTION:
# slackpkg+ plugin for third-party repositories
#
# Slackpkg is a package manager for Slackware.
#
# Slackpkg+ is a plugin for slackpkg.
#   It adds support for third-party repositories.
#   You can install, upgrade and search from multiple repositories.
#
Executing install script for slackpkg+-1.7.0-noarch-10mt.txz.


Please, read the README file before using slackpkg+

Now you must rerun 'slackpkg update'

Package slackpkg+-1.7.0-noarch-10mt.txz installed.
 ここまでは、すんなり。

/etc/slackpkg/slackpkgplus.conf
 というものができております。  末尾に以下の行を追加します。

# MATE Desktop 1.18
MIRRORPLUS['msb']=http://slackware.uk/msb/14.2/1.18/x86_64/
 現在、MATE-1.19 があるように見えるのですが、1.19 で記述すると、以降のコマンドで「GPG-ERROR」なるものが出るので、1.18 にしておきます。

3. パッケージアップデート・アップグレード

 それで、アップデートやアップグレードをかけます。  特に気にならないものは、出力メッセージは記録しません。

slackpkg update gpg
slackpkg update
   と、参考サイトでは、以下の処理を行うのですが、以下を行うと、カーネルのバージョンが変わって、VirtualBox のゲストだったら、VirtualBox GuestAdditions が動作しなくなったり、その他、めちゃめちゃになります。  以下の処理は行わずに「4. MATE インストール」へ進むことをお勧めします。

slackpkg install-new
 ここで、こんなん出ました。
Slackware - 14.2 -「スタート」→「システム」→「コントロールセンター」

 よくわからんので、とりあえず「calligra-l10n-ja-2.9.11-noarch-1.txz」だけ残して(なんとなく ja ってのが気になったので (笑))あとのチェックははずしました。


slackpkg upgrade-all
 もっとものすごい一覧が出ました。もう載せませんけど。はずすの面倒なのでそのまま進みました。  大量な通信量になったかと思います。  それから、こんなメッセージが

Your kernel image was updated.  We highly recommend you run: lilo
Do you want slackpkg to run lilo now? (Y/n)
 なんだか、強く勧められているので「Y」にしました。  次に

Warning: LBA32 addressing assumed
Added Linux  *
One warning was issued.

Searching for NEW configuration files

Some packages had new configuration files installed.
You have four choices:

        (K)eep the old files and consider .new files later

        (O)verwrite all old files with the new ones. The
           old files will be stored with the suffix .orig

        (R)emove all .new files

        (P)rompt K, O, R selection for every single file

What do you want (K/O/R/P)?
 ええい、ままよ、あんまり変えてないし「O」  この後で、終わりましたが、再起動すると「VirtualBox GuestAdditions」が動作していない。  再インストールできるかしら・・・?  再インストールしても、動かないので、いったんおいといて・・・。

4. MATE インストール

 さて、これでパッケージがリストされることになるはずなのだ。

$ slackpkg search mate

Looking for mate in package list. Please wait... DONE

The list below shows all packages with name matching "mate".

[ Status           ] [ Repository               ] [ Package                                  ]
  uninstalled              msb                          libmatekbd-1.18.2-x86_64-1_msb
  uninstalled              msb                          libmatemixer-1.18.0-x86_64-1_msb
  uninstalled              msb                          libmateweather-1.18.3-x86_64-1_msb
  uninstalled              msb                          mate-applets-1.18.3-x86_64-1_msb
  uninstalled              msb                          mate-backgrounds-1.18.0-noarch-1_msb
  uninstalled              msb                          mate-calc-1.18.2-x86_64-1_msb
  uninstalled              msb                          mate-common-1.18.0-x86_64-1_msb
  uninstalled              msb                          mate-control-center-1.18.3-x86_64-1_msb
  uninstalled              msb                          mate-desktop-1.18.1-x86_64-1_msb
  uninstalled              msb                          mate-icon-theme-1.18.2-noarch-1_msb
  uninstalled              msb                          mate-icon-theme-faenza-1.18.1-noarch-1_msb
  uninstalled              msb                          mate-media-1.18.2-x86_64-1_msb
  uninstalled              msb                          mate-menus-1.18.1-x86_64-1_msb
  uninstalled              msb                          mate-notification-daemon-1.18.1-x86_64-1_msb
  uninstalled              msb                          mate-panel-1.18.9-x86_64-1_msb
  uninstalled              msb                          mate-polkit-1.18.1-x86_64-1_msb
  uninstalled              msb                          mate-power-manager-1.18.3-x86_64-1_msb
  uninstalled              msb                          mate-screensaver-1.18.2-x86_64-1_msb
  uninstalled              msb                          mate-sensors-applet-1.18.4-x86_64-1_msb
  uninstalled              msb                          mate-session-manager-1.18.2-x86_64-1_msb
  uninstalled              msb                          mate-settings-daemon-1.18.3-x86_64-1_msb
  uninstalled              msb                          mate-system-monitor-1.18.3-x86_64-1_msb
  uninstalled              msb                          mate-terminal-1.18.3-x86_64-1_msb
  uninstalled              msb                          mate-themes-3.18.7-noarch-1_msb
  uninstalled              msb                          mate-utils-1.18.3-x86_64-1_msb

You can search specific files using "slackpkg file-search file".
 うひひ、しめしめ。  「mate-desktop」だけでは、だめなようなので、参考サイトにならって一気に

$ slackpkg install atril engrampa eom libmatekbd marco docutils gksu glade gssdp gtk-engines gtksourceview gupnp libgtop libgxps libpeas libunique libunique3 libwnck3 murrine pangox-compat vala vte3 yelp-tools zenity caja caja-actions caja-extensions libmatemixer libmateweather mate-applets mate-backgrounds mate-calc mate-common mate-control-center mate-desktop mate-icon-theme mate-icon-theme-faenza mate-media mate-menus mate-notification-daemon mate-panel mate-polkit mate-power-manager mate-sensors-applet mate-session-manager mate-settings-daemon mate-system-monitor mate-terminal mate-themes mate-utils mozo pluma gtksourceview3 libgksu

5. デスクトップ切り替え

 インストールしても、デスクトップ環境は切り替わらないのだ。  「Changing Desktop Environment from XFCE to KDE」を読むと「xwmconfig」を実行しろと書いてある。

$ xwmconfig
 すると
Slackware - 14.2 -「xwmconfig」

 ははぁ、説明の必要もありませんな。
 めちゃくちゃ納得です。

 ところがだ。
 これで、再起動しても、XFCE でログインしちゃうのだ・・・。
 root でログインしたら、KDE でログインになるし・・・。

 なんか、あれこれやったあげくに、ログインマネージャを KDM を無理やりコメントアウトして(「/etc/rc.d/rc.4」を編集)、XDM を生かしたら、何故か、MATE 環境にログインできるようになったのです。

 してみると、KDM がなんか記憶しているのかしらん・・・。

6. 苦し紛れ

 結局「xwmconfig」は、うまく機能してくれませんでした。  XDM でログイン時も

~/.xsession
~/.xinitrc
 のどちらかが実行されるのですが・・・どちらも同じ内容なので書きますと

#!/bin/sh

userresources=$HOME/.Xresources
usermodmap=$HOME/.Xmodmap
sysresources=/etc/X11/xinit/.Xresources
sysmodmap=/etc/X11/xinit/.Xmodmap

# merge in defaults and keymaps

[ -f $sysresources ] && xrdb -merge $sysresources
[ -f $sysmodmap ] && xmodmap $sysmodmap
[ -f $userresources ] && xrdb -merge $userresources
[ -f $usermodmap ] && xmodmap $usermodmap

if [ -z "$DESKTOP_SESSION" -a -x /usr/bin/ck-launch-session ]; then
  export DESKTOP_SESSION="mate"
  exec ck-launch-session dbus-launch --exit-with-session mate-session
else
  export DESKTOP_SESSION="mate"
  exec mate-session
fi
 15~18、21行をコメントアウトしないとログインに失敗するのだ。  結局、「KDM - ArchWiki」あたりを参考にしつつ

/etc/kde/kdm/Xsession
 の

#! /bin/sh
# Xsession - run as user

# Merged in parts of the old Xsession to load defaults from
# Xresources and Xmodmap files, 2006-02-09 volkerdi
# Merged with the new Xsession (original) from KDE4, 20071220 rworkman

 session=$1
 8行目を

 session=mate-session
 と書き換えることによって、ログインマネージャ KDM で、MATE でログインできるようになったのです。  とてもじゃないが、まともなやり方とは思えないやり方になってしまいました。
 
 
カウンタバックグラウンド