Linux - Slackware - 14.2 - 基本操作 - 日本語化

 
1. 概要
2. キーボードの設定
3. ロケールの設定
4. 入力切り替えキー設定

1. 概要

 VirtualBox 上にインストールしているので、「VirtualBox GuestAdditions」をインストールしたいのですが、なかなかかなわず。  せめて、ロケーションが英語になっているものを日本語にできないものか・・・。
Slackware - 14.2 -「デフォルトのデスクトップ」

 「Debian Linux 思いつきメモ: Xfce LXDE 言語変更」を参考にしてみましたが、これは、一般的な Linux の設定のようで、ぶはは、Slackware は、今や一般的ではないようです。

 「インストールと日本語化 (基本編)」が、Slackware の記事なので、役に立ちそうです。
 ここを参考にしてみます。

2. キーボードの設定

 TeraTerm でログインしている状態では、キーボードは jp-106 の動きをするので気づいていませんでしたが、デスクトップ上の動きは、North American のように見えます。  参考サイトの手順通りに・・・。

cp /usr/share/X11/xorg.conf.d/90-keyboard-layout.conf /etc/X11/xorg.conf.d/.
 「/etc/X11/xorg.conf.d/90-keyboard-layout.conf」を見てみますと

Section "InputClass"
        Identifier "keyboard-all"
        MatchIsKeyboard "on"
        MatchDevicePath "/dev/input/event*"
        Driver "evdev"
        Option "XkbLayout" "us"
        #Option "XkbVariant" ""
        Option "XkbOptions" "terminate:ctrl_alt_bksp"
EndSection

# READ THIS FOR CUSTOM KEYBOARD INFORMATION
 「# READ THIS FOR CUSTOM KEYBOARD INFORMATION」以降は、コメントで説明や例題が書いております。  以下に書き換えます。

Section "InputClass"
        Identifier "keyboard-all"
        MatchIsKeyboard "on"
        MatchDevicePath "/dev/input/event*"
        Driver "evdev"
        Option "XkbLayout" "jp"			#	←	この行と
        Option "XkbModel" "jp106"		#	←	この行
        Option "XkbOptions" "terminate:ctrl_alt_bksp"
EndSection
 これを反映するには、ログインし直しでなく、X を起動しなおすことになります。  まぁ、再起動が結局は、お手軽でしょう。

3. ロケールの設定

 これも、参考サイトにならって(ただし、参考サイト、ファイル名に typo があります)

~/.xprofile
 を、なければ作成して、以下のように記述します。

export LANG=ja_JP.UTF-8
export LC_ALL=ja_JP.UTF-8
export G_FILENAME_ENCODING=@locale

export GTK_IM_MODULE=scim
export QT_IM_MODULE=scim
export XMODIFIERS=@im=SCIM
 ログインすると
Slackware - 14.2 -「デスクトップ」日本語化

 ををを、日本語になりました。

 日本語を読むと、少しほっとします。

4. 入力切り替えキー設定

 「SCIM-Anthy」も有効になっていて Ctrl+Space もしくは 半角/全角 で切り替えられます。  わたしは、Ctrl+Space は、Eclipse の単語補完に使用するので、無効にします。  この操作、以降で MATE をインストール後に、MATE デスクトップで設定を行っていますので、メニューの操作が若干違いますのでご注意。  「スタート」→「システム」→「設定」→「その他」→「SCIM 入力メソッドの設定」
Slackware - 14.2 -「スタート」→「システム」→「設定」→「その他」→「SCIM 入力メソッドの設定」

 「全体設定」の「開始/終了」の右側の「...」

Slackware - 14.2 -「SCIM 入力メソッドの設定」-「全体設定」

 不要なものを削除します。
 (「Hangul」って・・・、ごっちゃにしてるわね)

Slackware - 14.2 -「SCIM 入力メソッドの設定」-「開始/終了キーの設定」