Mageia - 7 - 概要・共通事項 - sshd・ftpd・rcs・tree

 
1. 概要
2. sshd
3. ftpd
4. rcs
5. tree

1. 概要

 この手のものは、コマンドラインからのインストールが手っ取り早い。

2. sshd

 root ユーザで、以下のコマンドでインストール。

urpmi openssh-server
 起動

systemctl start sshd
 ファイアウォールでポートがふさがっていますので、ファイアウォールの設定が必要です(後ろのページ参照)。

3. ftpd

 root ユーザで、以下のコマンドでインストール。

urpmi vsfptd
 デフォルトでは、anonymous ユーザのみ接続するようになっていますので、

/etc/vsftpd/vsftpd.conf
 を編集して、以下のように設定します。 ・anonumous 接続なし ・ログインユーザから IPv4 で接続 ・書き込み可

# Example config file /etc/vsftpd/vsftpd.conf
#
# The default compiled in settings are fairly paranoid. This sample file
# loosens things up a bit, to make the ftp daemon more usable.
# Please see vsftpd.conf.5 for all compiled in defaults.
#
# READ THIS: This example file is NOT an exhaustive list of vsftpd options.
# Please read the vsftpd.conf.5 manual page to get a full idea of vsftpd's
# capabilities.
#
# Allow anonymous FTP? (Beware - allowed by default if you comment this out).
#anonymous_enable=YES
#
# Uncomment this to allow local users to log in.
local_enable=YES
#
# Uncomment this to enable any form of FTP write command.
write_enable=YES
#
# Default umask for local users is 077. You may wish to change this to 022,
# if your users expect that (022 is used by most other ftpd's)
#local_umask=022
#

# When "listen" directive is enabled, vsftpd runs in standalone mode and
# listens on IPv4 sockets. This directive cannot be used in conjunction
# with the listen_ipv6 directive.
listen=YES
#
# This directive enables listening on IPv6 sockets. By default, listening
# on the IPv6 "any" address (::) will accept connections from both IPv6
# and IPv4 clients. It is not necessary to listen on *both* IPv4 and IPv6
# sockets. If you want that (perhaps because you want to listen on specific
# addresses) then you must run two copies of vsftpd with two configuration
# files.
# Make sure, that one of the listen options is commented !!
listen_ipv6=YES

pam_service_name=vsftpd
userlist_enable=YES
tcp_wrappers=YES

seccomp_sandbox=NO
allow_writeable_chroot=YES
 12行目をコメント化(anonymous の接続を禁止)。  15、18行目のコメントをはずします(ログインユーザの接続を許可、書き込み可)。  113行目を NO から YES へ変更(IPv4 で接続許可)。  122行目を コメント化(IPv6 でのオープンを無効化)。  128、129行目を追加。  これは、今回(2019年7月12日)、初にお目にかかる内容で、これがないと接続しても、サーバ内のファイルのリストが取得できません。  この箇所、「vsftpdを設定した - Qiita」を参考にさせていただきました。  起動

systemctl start vsftpd
 これも、次ページのファイアウォールの設定が必要です。

4. rcs

 root ユーザで、以下のコマンドでインストール。

urpmi rcs
 rcs の使い方に関しては、「アプリ・ツール・ユーティリティ - UNIX(FreeBSD)- バージョン管理システム RCS」をご参照ください。

5. tree

 root ユーザで、以下のコマンドでインストール。

urpmi tree
 
 
カウンタバックグラウンド