antiX - 19 - 共通事項 - インストール - 起動

 
1. 起動
2. 言語設定
3. タイムゾーン設定
4. デスクトップ

1. 起動

 「.iso」ファイルのダウンロードに関しては、「antiX - 概要・ダウンロード・共通事項」をご参照ください。  インストールメディアをセットして起動します。
「antiX 19」- インストーラ

2. 言語設定

 前項の画面で F2  「日本語」を選択して Enter
「antiX 19」- インストーラ - 言語設定

3. タイムゾーン設定

 最初の画面に戻って F3  「Tokyo」を選択して Enter
「antiX 19」- インストーラ - タイムゾーン設定

4. デスクトップ

 最初の画面に戻って F6
「antiX 19」- インストーラ - デスクトップ

 「Default」で、「IceWM」をインストールすることになるはずです(少なくとも、バージョン「17.3.1」では、そうでした)。
 後で、「Conky」により、「Rox-IceWM」であることが、わかりました。

 ここで、他のものをインストールする場合は、それを選択すればいいわけです。
 ↑
 前言は、撤回します。ここで選んだものは、インストール時のデスクトップを何にするかということであって。
 インストール時のデスクトップが何であっても、結局は、「IceWM」のデスクトップをデフォルトとしてインストールすることになります。
 なので、他の環境をさわってみる場合は、「IceWM」のデスクトップから別のデスクトップへ切り替えます。

 選択して Enter

 最初の画面に戻って Enter で、起動します。

 次ページへ続きます。

 
 
カウンタバックグラウンド