Manjaro - 18.1 - awesome - タスクマネージャ Conky

 
1. 概要
2. インストール
3. 設定
4. 自動起動
5. 表示

1. 概要

 「Conky」は、Unix/Linux で動作する、タスクマネージャです。

2. インストール

 「Pamac」で、「conky」を検索して、インストールします。

3. 設定

 カスタマイズ用のファイルを作成して、編集します。

mkdir -pv ~/.config/conky
conky --print-config > ~/.config/conky/conky.conf
vi ~/.config/conky/conky.conf

conky.config = {
    alignment = 'top_left',
    background = false,
    border_width = 1,
 左に表示されているものを右へ、バックグラウンド実行、ダブルバッファリングを有効にします。

conky.config = {
    alignment = 'top_right',
    background = true,
    double_buffer = true,
    border_width = 1,

    font = 'DejaVu Sans Mono:size=12',
    gap_x = 60,
    gap_y = 60,
    minimum_height = 5,
    minimum_width = 5,
 文字を少し小さめに、右の余白を狭く、さらに下部で書く内容で幅が足りなくなったので、最小幅を広くします。

    font = 'DejaVu Sans Mono:size=9',
    gap_x = 10,
    gap_y = 60,
    minimum_height = 5,
    minimum_width = 300,

    own_window_class = 'Conky',
    own_window_type = 'dock',
    own_window_argb_visual = true,
    own_window_argb_value  = 200,
    own_window_hints = 'undecorated,below,sticky,skip_taskbar,skip_pager',
    show_graph_range = false,
 透過、かつ、操作中のウィンドウを「Conky」の上に表示します。

    own_window_class = 'Conky',
    own_window_type = 'desktop',
    show_graph_range = false,

${color grey}Info:$color ${scroll 32 Conky $conky_version - $sysname $nodename $kernel $machine}
 ホスト名やらがスクロールするのですが、スクロールは不要だし、他の情報も表示するようにします。  「システム情報」「ディストリビューション情報」「デスクトップ名」「Conky バージョン情報」を4行に分けて表示します。  (「$XDG_SESSION_DESKTOP」は、表示すると「XFCE」になります・・・不思議? )

${color grey}System :$color $sysname $kernel on $machine
${color grey}Distrb:$color ${execi 999999 lsb_release -ds | sed "s/\"//g"} ${execi 999999 lsb_release -rs}
${color grey}Desktop:$color ${execi 999999 echo $XDG_SESSION_DESKTOP}
${color grey}Conky  :$color $conky_version

${color lightgrey} ${top name 4} ${top pid 4} ${top cpu 4} ${top mem 4}
]]
 末尾にわたしの操作するキーを表示します。

$hr
${color lightgrey}modkey ${goto 190}${color}Win
${color lightgrey}hotkeys 表示 ${goto 190}${color}Win+s
${color lightgrey}クローズ ${goto 190}${color}Win+x
${color lightgrey}メニュー ${goto 190}${color}Win+w
${color lightgrey}全画面キャプチャ ${goto 190}${color}Print
${color lightgrey}アクティブウインドウキャプチャ ${goto 190}${color}Ctrl+Print
]]

4. 自動起動

 ログイン時に自動起動させます。

vi ~/.config/awesome/autorun.sh
 末尾に1行追加します。

run /usr/bin/conky
 「awesome」の表示は、早いので特にディレイをいれる必要もありませんでした。

5. 表示

 ログインし直すと、画面右に「Conky」の出力が表示されます。
「Manjaro 18.1 awesome」-「Conky」「表示」


 
 
カウンタバックグラウンド