Manjaro - 18.1 - awesome - 日本語入力

 クラウディア
1. 概要
2. インストール
3. 設定
4. 確認

1. 概要

 「Manjaro 18.1」で共通的に記述している内容と別になりますので、以下に、別途記述します。

2. インストール

 パッケージマネージャで、下記のパッケージをインストールします。 ・Fcitx ・fcitx-configtool ・fcitx-mozc

3. 設定


~/.xprofile
 を作成して編集します。

cat - << EOF >> ~/.xprofile
export LANG="ja_JP.UTF-8"
export XMODIFIERS="@im=fcitx"
export XMODIFIER="@im=fcitx"
export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export DefaultIMModule=fcitx
EOF
 自動起動するように

~/.config/awesome/autorun.sh
 の末尾に1行加えます。

cat - << EOF >> ~/.config/awesome/autorun.sh

run /usr/bin/fcitx-autostart
EOF

4. 確認

 再起動後に、ログインして、日本語入力できることを確認しました。
「Manjaro 18.1 awesome」-「日本語入力確認」


 入力切替のキーはデフォルトで Ctrl+Space半角/全角 キーになっています。

 変更する場合は、「デスクトップ環境構築 - 共通事項 - 日本語入力 - 入力切り替えキーの変更」をご参照ください。


 
 
カウンタバックグラウンド