OpenMandriva - 4.0 - 開発環境 Eclipse

 クラウディア
1. 概要
2. 日本語化
3. 起動

1. 概要

 開発環境として「Eclipse」を使用します。  パッケージ管理のリポジトリに「Eclipse」が存在しなかったので、直接インストールします。  必須パッケージの「jdk」に関しては、ここまでの過程で、「openjdk12」がインストールされておりましたが、以下の手順で、日本語化すると起動できなくなります。  「Dnfdragora」で「openjdk」を検索して、「java-12-openjdk」をアンインストール、「java-11-openjdk」をインストールします。  インストールついては「Eclipse - Linux マシンへのインストール」をご参照ください。  手動でインストールするので、メニューには組み込まれません。  メニューへの組み込みは、「デスクトップ環境構築 - KDE - 共通事項」をご参照ください。

2. 日本語化

 ログインユーザで、インストールするので、ログインユーザのディレクトリ「/home/hogehoge/eclipse」にインストールしています。

mkdir -pv ~/Downloads/pleiades
curl http://ftp.jaist.ac.jp/pub/mergedoc/pleiades/build/stable/pleiades.zip --output ~/Downloads/pleiades/pleiades.zip
cd ~/Downloads/pleiades
unzip ./pleiades.zip
mkdir -pv /home/hogehoge/eclipse/eclipse/features/
cp -pfR features/* /home/hogehoge/eclipse/eclipse/features/.
cp -pfR plugins/*  /home/hogehoge/eclipse/eclipse/plugins/.
 初期化ファイルを編集します。

vi /home/hogehoge/eclipse/eclipse/eclipse.ini
 末尾に、以下の行を追加します。

-Xverify:none
-javaagent:/home/hogehoge/eclipse/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

3. 起動

 「スタート」→「開発」→「Eclipse」
「OpenMandriva 4.0」-「スタート」→「開発」→「Eclipse」

 「起動」

「OpenMandriva 4.0」- Eclipse - ワークスペース選択

 起動直後の状態です。

「OpenMandriva 4.0」- Eclipse - 起動直後

 2019年9月30日の時点で、下記のバージョンでした。

「OpenMandriva 4.0」- Eclipse - バージョン情報

 最新をインストール、起動できました。

ハイスピードプラン世界最大級のオンライン英会話EF English Live