Haskell - インストール - Windows stack 経由

 クラウディア
1. 概要
2. stack ダウンロード
3. stack インストール
4. ghc インストール

1. 概要

 では、「Windows」マシンへインストールしてみます。  本項は
Haskell のインストール Stack 編 - Haskell 勉強会
 を参考にさせていただきました。  「ghc」を直接インストールするのでなく、「stack」をインストールして、「stack」を使って、「ghc」をインストールするらしいのです。  「FreeBSD」で、ひどい目にあったので、これに従ってみます。  「ghc」「cabal」「stack」これらは、「xmonad」使用時に出てきたものです。  これらが何者なのかも含めて、そのうちわかってくるのかいな・・・。

2. stack ダウンロード

 「stack」のダウンロードサイトは、以下になります。
Install/upgrade - The Haskell Tool Stack
 「Windows」へのインストーラは比較的、上の方にあります。
「The Haskell Tool Stack」

3. stack インストール

 ダウンロードした、インストーラを開きます。  このとき、実は、わたしの環境では、「現在 SmartScreen を使用できません」てなダイアログが表示されたのですが、無視して実行します。  (詳細は、「Windows10 - トラブルシュート」をご参照ください)  ユーザフォルダの「AppData/Roaming/local/bin」がデフォルトになっています。  そのままか、変更するかして  「Next」
「Haskell Stack Setup」-「Choose Install Location」

 「Install」

「Haskell Stack Setup」-「Choose Components」

「Haskell Stack Setup」-「進行中」

 「Close」

「Haskell Stack Setup」-「Installation Completes」

 「stack」のインストールは、これで完了です。

 ここから「ghc」かしら・・・。

4. ghc インストール

 参考サイトによれば、コマンドプロンプトを開いて

stack setup
 「stack」のインストール時に、パスは通してあります。  ダウンロードし始めました。
「Haskell Stack Setup」-「stack setup」

 やっていることは、圧縮ファイルをダウンロードして、展開しているように見えました。

「Haskell Stack Setup」-「stack setup」「完了」

 せっかく「stack」をユーザホーム以外にインストールしたのに、結局「ghc」は、ユーザホームにインストールされてしまうようです。


C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\Programs\stack\x86_64-windows\ghc-8.8.3
 へインストールされちゃいました。  「2.3GB」超の領域があります。
Gigabyte Push ギガバイトプシュJETBOYKiPuRuSirusi
 
 
カウンタバックグラウンド