FreeBSD 8.4 RELEASE - Subversion

 クラウディア
 「Subversion」は、バージョン管理システムです。  詳細は、こちら」を参照してください。
1. ports
2. リポジトリの作成
3. WEBアクセス設定
4. クライアントプログラム (TortoiseSVN)

1. ports

 ここでは、httpsを通して、subversion のリポジトリにアクセスする方法を説明しますので、apache とともにインストールします。

/usr/ports/www/apache22
/usr/ports/www/mod_dav_svn
/usr/ports/devel/subversion
 apache のインストールについては「ウェブサーバ - apache」を参考にしてください。  ここで重要なのは「/usr/ports/www/mod_dav_svn」です。https で必要なモジュールで、以前は、subversion のオプションで選択できていたのですが 2014年6月現在の subversion-1.8.9_5 では、オプションから選択肢が消えています。別途インストールすることになるので注意してください。  また、suvbersion のリポジトリを別のバックアップサーバに同期させる場合は、「/usr/ports/devel/subversion」のオプションで必ず「SERF」にチェックをいれてください。

2. リポジトリの作成

 リポジトリの名前を repository、配置する場所を /usr/local/www/svn とします。

> mkdir /usr/local/www/svn
> svnadmin create /usr/local/www/svn/repository
> chown -R www:www /usr/local/www/svn/repository
 リポジトリの作成はこれだけです。

3. WEBアクセス設定

 WEB経由でアクセスできるように設定します。
/usr/local/etc/apache22/Includes/svn.conf
 というファイルを作成して以下のように記述します。

<Location /svn>
    <IfModule dav_module>
	DAV svn
	SVNParentPath 	/usr/local/www/svn
    </IfModule>

    AuthType Basic
    AuthName "Subversion repository"
    AuthUserFile /usr/local/www/svn/passwd

    Require valid-user

    SSLRequireSSL
    SSLVerifyClient require
    SSLVerifyDepth 1
    SSLRenegBufferSize 100000000

    <LimitExcept GET PROPFIND OPTIONS REPORT>
        Require valid-user
    </LimitExcept>

    Order Allow,Deny
    Allow from all
</Location>
 9行目は、パスワード設定する場合です。パスワード設定については「2. パスワードによって制限をかける」を参照。  ここまで記述したら

/usr/local/etc/rc.d/apache22 configtest
 で異常がないことを確認して

/usr/local/etc/rc.d/apache22 restart
 で apache を再起動します。

4. クライアントプログラム (TortoiseSVN)

 「Windows」クライアントマシンから「Subversion」にアクセスする方法について「Subversion クライアントソフト TortoiseSVN」に説明してありますので、参考にしてください。
ハイスピードプラン