BUDGIE - 共通事項 - 画面キャプチャ - ショートカットキーの無効化

 クラウディア
1. 概要
2. ショートカットキー無効化
3. ショートカットキー割り当て

1. 概要

 以降で、他の画面キャプチャプログラムをインストールして、ショートカットキーを割り当てる手順を書こうと思いますが・・・。  なんとも、「BUDGIE」のショートカットキー割り当てがあるので、そいつを機能しないようにしなければなりません。  まずは、その手順から。

2. ショートカットキー無効化

 以下、「SparkyLinux 5.9 BUDGIE」の画像です。  「GNOME」と同じ「設定」が動きます。  「デバイス」「キーボード」タブで見ると、何かしら割り当てられているんですけどね。  「GNOME」由来なので、プログラムとして何が割り当てられているのか、不明です。
「BUDGIE」-「設定」「デバイス」「キーボード」

 スクリーンショットのショートカットキーをクリックして BackSpace で無効化します。

「BUDGIE」-「ショートカットの設定」

 「設定」

「BUDGIE」-「ショートカットの設定」「設定」

 上記の手順だけでは、無効化したはずのキーが再起動しなおすと有効になっていたりします。
 もう一点、無効化の手順が必要なのです。
 その手順に関しては、「BUDGIE - 共通事項 - キーボードショートカット」「dconf」の項をご参照ください。

3. ショートカットキー割り当て

 以下の画面は、「Ubuntu BUDGIE 19.10」で取り直しました。  下記を設定、「mate-screenshot」をする例を示します。
Ctrl+P アクティブウィンドウをキャプチャ

 「名前」に「全画面キャプチャ」
 「コマンド」に「mate-screenshot -w」
 (「xfce4-screenhooter」の場合は、「xfce4-screenhooter -c -w」)

「BUDGIE」-「ショートカットの追加」

 Ctrl+P

「BUDGIE」-「ショートカットの追加」「キー入力」

 「追加」

「BUDGIE」-「ショートカットの追加」「キー入力後」

 これで、機能するようになります。

ハイスピードプランJETBOY
 
 
カウンタバックグラウンド