13. html/ads.txt

 
13.1 能書き
13.2 対応

13.1 能書き

 ウェブサーバのログ解析を見たら、ここんとこ ads.txt というファイルが「404 File not found」になっている。  どこの誰が、そんなもんにアクセスしてんのかとログの詳細を見てみると Google 大先生んとこの googlebot 坊ちゃんじゃありませんか。  あわくってとりあえず調べたのが
そこが知りたいads.txt」
「ads.txt で認定販売者を宣言する
 どうやらフィッシング詐欺的なものに対する対応らしい。← 生半可な理解で申し訳ない。

13.2 対応

 ads.txt は、ウェブルートの最上位に置くもので

①広告配信システムのドメイン名, ②サイト運営者のアカウントID, ③アカウントまたは関係のタイプ, ④認証機関のID
 という4つのフィールドを記述する(らしい)  はじめの3つは必須のフィールドで、4つ目は省略可能(らしい)。 ①は配信システムのサイトを見ればわかるはず(Google Adsenseは固定で google.com)  ②は、Google Adsense を例にとるならば、

google.com, サイト運営者のアカウントID, DIRECT, f08c47fec0942fa0
 サイト運営者のアカウントIDは Google Adsense の場合、アカウントにログインして  「設定」→「アカウント」→「アカウント情報」で表示する「サイト運営者ID」の番号を pub- も含めて記述する(らしい)。

③はアカウント運営者とサイト管理者が同一の場合は DIRECT、異なる場合は RESELLER と記述する(らしい)
④も広告配信元が提供するはず(Google Adsenseは固定で f08c47fec0942fa0)

 以上をもって、Google Adsense 向けは


google.com, pub-0000000000000000, ③アカウントまたは関係のタイプ, f08c47fec0942fa0
 となるはずです。  わたしのばやい、以上で一応設置してみて、Google 大先生に怒られないかびくびくしているところです。