HTML - タグ - link

 
1. 概要
2. スタイルシート rel="stylesheet"
3. ファビアイコン rel="icon"
4. 言語指定 rel="alternate" hreflang="言語"

1. 概要

 link タグは基本的に head 内に記述するものと認識しています。  詳細な説明は「<link>: 外部リソースへのリンク要素 - HTML: HyperText Markup Language | MDN」をご参照ください。

2. スタイルシート rel="stylesheet"

 スタイルシート(CSS)の定義を外部ファイルにまとめてあるのは一般的なことで・・・。  本サイトもソースをご覧いただけばわかるかと思いますが

<link rel="stylesheet" href="/css/freebsd-sc.css" />
 と記述して定義しています。

3. ファビアイコン rel="icon"

 ブラウザにその機能があれば(2018年現在、機能のないブラウザはなさそうですが)サイト表示の際、そのアイコンをセットで表示させるためのものです。  本来は

<link rel="icon" href="アイコンのパスとファイル名" />
 と書くべきようですな・・・。  本サイトでは 2018年10月24日現在、この記述はいたしておりません。  トップページの位置に favion.ico を置いておるだけです。まぁそれでも表示してはもらえるのですが、本来、きちんと書くべきなのかしらん。

4. 言語指定 rel="alternate" hreflang="言語"

 本項は、これがために書き始めたようなもんです。  Google 大先生にはあれこれとお世話になっております。  「Search Console - ホーム」にもお世話になっておるわけですが・・・。  その中に「インターナショナル ターゲティング」ってな項目がありまして・・・。  そこを表示すると
Google Search Console - インターナショナル ターゲティング - エラーメッセージ

 てな感じで怒られちゃうのです。
 強いて、これはなくても問題ないと書いてあるようなところもありますが・・・。
 「hreflangタグとは何か調べてみました - satoyan419.com」を参考にさせていただいて、きちんと置いてみようかと思います。

 本来は複数言語対応のコンテンツを置いている場合に


<link rel="alternate" hreflang="ja" href="https://freebsd.sing.ne.jp/">
<link rel="alternate" hreflang="en" href="https://freebsd.sing.ne.jp/?hl=en">
<link rel="alternate" hreflang="zh" href="https://freebsd.sing.ne.jp/?hl=zh">
 てな感じで記述して、そのページに他言語のリンクを定義(?)するものらしいです。  ここのサイトは Google 大先生の翻訳ツールは利用させていただいているものの・・・多言語のコンテンツは持っていないのです。  しかしまぁ、ひとつしか言語がなくても、置いておけば「インターナショナル ターゲティング」でエラーにならないそうなので。  結局

<link rel="alternate" hreflang="ja" href="表示しているページそのものの URI">
 てなものを表示すればいいかな・・・。  置いて、様子を見てみようと思います。  全ページ書き直すのは大変なので、PHP でテンプレート化しようと思います。  そのあたりは「php」の方で・・・。