2. HTML - ウェブサーバに設置しておく情報 - browserconfig.xml

 
2.1 browserconfig.xml とは
2.2 記述方法
2.3 マイクロソフトの見解

2.1 browserconfig.xml とは

 Internet Explorer 11(以下IE11)がリリースされてから、apache のログにやたら「コード404 File not found」が出力されるようになりました。  「browserconfig.xml」というファイルがないというのです。  これは、IE11を使っている閲覧者が、webサイトをスタート画面に「ピン留め」しようとしたとき、IE11は「ピン留め」に必要な情報を取得するため、その情報源のひとつ「browserconfig.xml」を参照します。このファイルが設置されていないと、404(File Not Found)がウェブサーバのログに出力されることになります。  「ピン留め」の情報は、ツールバーにアイコンとして表示するほか、Windows8 以降、Windows のスタートボタンを押すと出てくるメニューのタイルの中に表示する情報として利用しているようです。  Windows の正式なブラウザは Internet Explorer から「Edge」に移行するようですが、タイルのため、 「Edge」でも引き続き、browserconfig.xml を取得しようとすることになりそうです。

2.2 記述方法

 以前、「RSS」があれば自動生成できるようなサイトがありましたが、そこへのリンクも dead になっているようです。  最小限で記述する方法を書いたサイトを見本にして書いたのが、これ

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<!DOCTYPE browserconfig>
<browserconfig>
    <msapplication>
    <tile>
        <square70x70logo src="/img/FreeBSD/tile-70x70.png"/>
        <square150x150logo src="/img/FreeBSD/tile-70x70.png"/>
        <wide310x150logo src="/img/FreeBSD/tile-70x70.png"/>
        <square310x310logo src="/img/FreeBSD/tile-70x70.png"/>
        <TileColor>#FFFFFF</TileColor>
    </tile>
    </msapplication>
</browserconfig>
 少し、様子をみて後日談を書きたいと思いますが、どういう風にピン留めされるのか、タイルに表示されるのかは、いまんとこ二の次で、とりあえず、404 エラーがなくなれば、当面はめでたしめでたしなのだ。  後日談・・・。  う~ん。せっかく作ってみたが、なんかうまく張れてないようなので、もう一度、見直すか・・・。

2.3 マイクロソフトの見解

 「偉大なるマイクロソフト様」に「browserconfig.xml」に関する見解がないかいなと探してみましたが。  いまんとこ「IE11 での Web サイト用カスタム タイルの作成」というとこしか見つけられませんでした。  「新しい Windows UI の Internet Explorer でサイト用のカスタム タイルを作り、通知を使うことで、ユーザーの関心を引き、ユーザーによるクリック スルーを増やすことができます。 Internet Explorer 11 のカスタマイズした静的なタイルとライブ タイルを作成できます。作成プロセスは Windows ストア アプリのものと同様です。 」  ですって。「ユーザーの関心を引き」とかさも、いいことであるかのように書いてありますが、全世界(全世界)のウェブサイト運営者にいらぬ手間をかけさせておって、なんていいぐさなのかしら。