HTML - CSS - line-break 行頭禁則処理

 
1. 概要
2. 値
3. やってみる

1. 概要

 参考サイトによれば「中国語、日本語、韓国語 (CJK) のテキストで、句読点や記号を用いる際の改行方法を設定します。」とのことで東アジア三国向けに限定の機能のようです。  本項は以下のサイトを参考にさせていただきました。
line-break - CSS: カスケーディングスタイルシート | MDN」
「スタイルシート[CSS]/テキスト・フォント/禁則処理を指定する - TAG index

2. 値

 明示的に指定する値は4つ

line-break: loose;		←	制限の少ない改行規則
line-break: auto;		←	既定の改行規則?
line-break: normal;		←	一般的な改行規則
line-break: strict;		←	厳格な改行規則

3. やってみる

 やってみます。  これブラウザによっても変わるそうなので・・・わたしは 2018年11月20日現在、Vivaldi で表示しています。  それぞれ

pre.auto(loose, normal, strict)
{
	border: 2px solid green;
	margin-left: 2em;
	line-break: auto(loose, normal, strict);
	width: 5em;
}
 と書いて

<pre class="クラス名">
クラス名
端っこに丸。
端っこに小っ
</pre>
 と記述しております。
loose
端っこに「」
端っこに丸。
端っこに点、
端っこに小っ
端っこに棒ー
端っこに々々
 Vivaldi では loose でも『」』だけは行頭にならないように見えます。
auto
端っこに「」
端っこに丸。
端っこに点、
端っこに小っ
端っこに棒ー
端っこに々々
normal
端っこに「」
端っこに丸。
端っこに点、
端っこに小っ
端っこに棒ー
端っこに々々
 Vivaldi では、これだけの例では auto も normal も同じように見えます。  「々」以外は行頭にならないように見えます。
strict
端っこに「」
端っこに丸。
端っこに点、
端っこに小っ
端っこに棒ー
端っこに々々
 Vivaldi では、定義通り、strict だとぱっと思いつくものは行頭にならないように見えます。