Visual Studio 2015 - Visual Studio Express 2015 スタンドアロンインストール

 
1. ダウンロード
2. インストール
3. 再起動

1. ダウンロード

 スタンドアロンのインストーラがないか探してみたら「Visual Studio Community 2015 をオフラインインストール その1」に書いてありました。

 ただし、ここで注意です。
 基本的にはスタンドアロンでインストールできる iso ファイルをダウンロードすることになっています。
 が、Visual Studio 2015 もリリースからだいぶ過ぎているためか、偉大なるマイクロソフト様がおっしゃるところの「サービスパック」だか「アップデート」をインストール時にダウンロードしてくるようで、平気で 1GB くらいダウンロードしてしまいます。
 例えばテザリング環境で使用しているのであれば、インストール時はネットワークを切断しておいた方がいいかもしれません。

2. インストール

 ダウンロードした iso ファイルをドライブにセットして「vs_community.exe」を実行

 「続行」


 インストールしたいのは VC++ と CLR なんですけどあるのかしら
 『カスタム』をチェックして「次へ」


 不安は増す一方ですがとりあえず『Visual C++』にチェックを入れて「次へ」


 ダイアログをこんなに縦長にする必然性があるんだろうか?
 「インストール」


 なんだか欠落しているものがあるらしく何度か『インターネットからパッケージをダウンロードする』をチェックして「再試行」
 どうしてもあかんときは『スキップする』をチェックするしかなさそうです。


3. 再起動

 一応、インストールは完了したらしいです。不安は残るものの・・・  「今すぐ再起動」