1. Windows - Visual Studio 2010 - Debugging Tools for Windows - ダウンロードとインストール

 
1.1 能書き
1.2 ダウンロードサイト
1.3 ダウンロード
1.4 インストール

1.1 能書き

 こちらは「ヒープコラプションのデバッグ手順 ~ 例外 STATUS_HEAP_CORRUPTION (0xc0000374)」を参考にさせていただきました。  C 言語というのはとても優れた言語で、OS を記述することをはじめて、たいてい何でもできます。  たいてい何でもできるというのは、諸刃の刃でして、ポインタ操作ができるがゆえに、ポインタで示すアドレスの中を破壊できてしまうわけです。  しかもやっかいなことに意図しない領域に何か書き込んだとしても、それで 100% 目に見える何かが発生する・・・例えば落ちるということがあるわけでもない。  Visual C++ でも同様の状態です。  上記で紹介したサイトに意図しているヒープ領域を超えるアクセスを行ったときにそれを検出する手順が載っていました。  これは使える!

1.2 ダウンロードサイト

 2016年6月14日現在、下記のサイトが一番新しいようです。
Windows 10 用 Windows ソフトウェア開発キット (Windows SDK)
 「この SDK では、Windows 8.1Windows 8Windows 7Windows VistaWindows Server 2012Windows Server 2008 R2Windows Server 2008 用の Windows アプリとデスクトップ アプリケーションの作成もサポートされています。」と記述されていますので、わたしが今、対応している環境には合っているようです。  ここでダウンロードするのは、「スタンドアロンの SDK」をダウンロードするためのモジュールです。

1.3 ダウンロード

 前項のサイトでダウンロードした「sdksetup.exe」をダブルクリックしてダウンローダを起動します。  直接インストールすることもできるようですが  スタンドアロンのインストーラをダウンロードしておけば、他のマシンにも展開できるので  [Download the Windows ... for installation on a separate computer] の方をチェックして  [Next]

 ここは [No] をチェックしておきたいところです。
 [Next]


 たくさんあって他にも有用なものもありそうなのですがここでは
 [Windows Software Develpment Kit] のみをチェックして
 [Download]



 [Close]


 最初の画面で特にダウンロード先を変えていなければ、下記にインストーラ一式がダウンロードされているはずです。


C:¥Users¥ユーザ名¥Downloads¥Windows Kits¥10¥StandaloneSDK

1.4 インストール

 ダウンロードした一式の中をたどって、下記のいずれかをターゲットマシンのアーキテクチャに合わせてインストールします。

Windows Kits¥10¥StandaloneSDK¥Installers¥X64 Debuggers And Tools-x64_en-us.msi

Windows Kits¥10¥StandaloneSDK¥Installers¥X86 Debuggers And Tools-x86_en-us.msi

 インストールは選んだインストーラをダブルクリックするだけ。
 特に選択肢もなくインストールは終了します。