1. Visual Studio 2010/設定のエクスポートとインポート/エクスポート

 
1.1 能書き
1.2 設定のエクスポート

1.1 能書き

 コンピュータを扱っていれば何度かはお目にかかるようなことですが。  きっかけが不明なこともありますが、なんらかのハードウェア的なトラブルが原因であったりして設定が壊れることがあります。  ここでいう設定とは、ツールバーに表示する内容やウィンドウの配置状態のことです。  自分でカスタマイズしたものが破壊されてぐちゃぐちゃになると仕事する意欲もなくしてしまうものです。ドキュメントの文書のようにこまめに保存するものではありませんが、カスタマイズ状態を変更したり、他のマシンへ移植するときには設定のエクスポートとインポートの機能を使います。

1.2 設定のエクスポート

 「ツール」→「設定のインポートとエクスポート」
 「選択された環境設定をエクスポート」にチェックを入れて「次へ」
 保存したい項目にチェックを入れて「次へ」
 保存するファイル名とディレクトリ(マイクロソフトさんではフォルダっていうんじゃなかったでしたっけ?)を入力して「完了」
 「閉じる」
 これで設定のエクスポートが完了します。