14. Office - Excel - 既定のファイルの場所を変更する

 
14.1 能書き
14.2 既定のファイルの場所を変更する

14.1 能書き

 お客さんへ提出する資料等を作成するときに、テキストファイルや .xml ファイルをエクセルに取り込んで、表を作成することがあります。  Excel 2010 でいうと  「データ」タブの  「外部のデータの取り込み」っていうところです。

 これを実際に使うと通常は


C:¥Users¥ユーザ名¥Documents
 というところを開こうとします。  ここですにゃ。

 これが開くたびにわたしは「むき~」ってなります。

 わたしはドキュメントフォルダにいちいちファイルを置きにいかないのだ。
 Excel ファイルを置いている場所で作業しているんだから、そこのファイルを開きに行こうとしてほしいのだ。

 で、これができるんですな。

14.2 既定のファイルの場所を変更する

 Excel 2010 であれば  「ファイル」→「オプション」  「保存」タブ  「規定のファイルの場所」を

C:¥Users¥ユーザ名¥Documents
 から
 に変えます。

 [OK] してから一度 Excel を終了させます。

 次回からは、ファイルを開く場所が、Excel を置いている場所に変わりますのだ!

 これ、画像ファイルの取り込みにも効いているかと期待していたのですが、そちらは


C:¥Users¥ユーザ名¥Pictures
 ってとこでした。残念!