Office - Excel - 条件付き書式で相対セルを使用する

 
1. 概要
2. 相対セルを使用する

1. 概要

 条件付き書式を使うと、表の分析がしやすくなります。  下のような表があるとして

 「列B」は連続した値がはいっていて、切れ目の行を色分けして表示したいとします。

 下のような条件をつけて色分けします。


 セルのプロパティを下方向にコピーして、うまくいくかな?と思うと全部、色がついちゃったりします。


2. 相対セルを使用する

 条件式で書いている「=$C$2<>$C$3」の「$」が絶対セルを意味しますので「$」をとっちゃって、セルのプロパティを下方向にコピーすると。

 意図通りになります。