Windows10 - Fall Creators Update - 適用その2

 
1. 起動後
2. ログイン後に適用を確認

1. 起動後

 適用した後の起動後の画面です。  「インストール」ボタンを押してからここまでの時間は、スペック等によりまちまちです。  「VMWare」上のマシンでは、ほぼ1時間でした。  「dyna T552 Core i7-3610QM」「メモリ 16GB」で、2時間以上でした。  「次へ」
「Windows10」-「Fall Creators Update」「Windows10 へようこそ」

 わたしはこれらを軒並み「オフ」にしましたが
 チェックをどちらかにいれて
 「承諾する」

「Windows10」-「Fall Creators Update」「デバイスのプライバシー設定の選択」

 「今は実行しない」(というか当分、実行する気はありませんが)

「Windows10」-「Fall Creators Update」「はじめまして Contana と申します」

 次の画面でログイン画面になりました。
 背景の画像が変わってしまいましたが、そこは無視。

2. ログイン後に適用を確認

 ログイン時に、いつものごとく数分かかります。  なんだかアイコンが増えていますが、そこは今んとこ無視です。
「Windows10」-「Fall Creators Update」「変更後のログイン直後」

 ログイン後に適用されているかを確認します。

 「スタート」→ 歯車アイコン → 設定画面で
 「システム」→「バージョン情報」タブ

「Windows10」-「Fall Creators Update」「設定」「バージョン情報」

 実は設定画面の項目もだいぶ増えているようですが、そこはいずれ書く機会があれば書くでしょう。

 とりあえず、「バージョン 1607 Anniversary Update」から「バージョン 1709 Fall Creators Update」へは、一気にアップデートできるようです。

 
 
カウンタバックグラウンド