Windows Server 2008R2 - 試用期間の延長方法

 
1. 試用期間の延長方法

1. 試用期間の延長方法

 お客さんの方で使うマシンに Windows Server 2008R2 をのっけて使用するのですが、そのマシンで動かすアプリケーションの検証を行うのに納入するマシンを使用できなかったので、評価版を検証用のマシンにインストールしています。  Windows の値段はお高いですが、Server となるともっと高く Windows Server 2008R2 は Standard でも 14万円するのでなかなか簡単には購入できないのです。  評価版の試用期間を過ぎると1時間ごとに自動的にシャットダウンされます。  評価版の試用期間は基本的に 10日 なのですが、アプリケーションの検証を行うには 10日ではとても足りないのです。  調べてみると試用期間を延長できることがわかりました。  コマンドプロンプトを管理者権限で起動して

C:¥>slmgr.vbs /rearm
 これで再起動を促されます。  この操作でまた 10日間延長できるそうで、延長操作は 5回まで有効とのことです。