Windows - DOS コマンド - SCHTASKS スケジュールタスクの操作 - 登録結果確認

 
1. 概要
2. WindowsServer 2008R2
3. Windows10 Home 1803

1. 概要

 スケジュールタスクの登録結果を見るには「タスク スケジューラ」の内容を見るのが一番、手っ取り早い。  Windows のバージョンによって微妙にメニューが異なります。

SCHTASKS /create /sc DAILY /tn タスク名 /tr notepad.exe /st 12:00 /ri 30 /et 13:00
 で、タスクを登録して。

2. WindowsServer 2008R2

 WindowsServer 2008R2 の場合  コンピュータを右クリックして  「管理」
WindowsServer 2008R2 - コンピュータ 右クリック

 「構成」→「タスク スケジューラ」→「タスクスケジューラ ライブラリ」で
 登録したタスクを確認できます。

WindowsServer 2008R2 - サーバーマネージャー - タスクスケジューラ ライブラリ

 タスクを右クリックして
 「プロパティ」

WindowsServer 2008R2 - サーバーマネージャー - タスクスケジューラ ライブラリ - タスク右クリック

 「トリガ」タブ
 「編集」

WindowsServer 2008R2 - タスク プロパティ - トリガ タブ

 起動タイミングを編集できます。

WindowsServer 2008R2 - トリガーの編集

3. Windows10 Home 1803

 Windows10 Home 1803 の場合  PC を右クリックして「管理」
Windows10 Home 1803 - PC 右クリック

 「システムツール」→「タスク スケジューラ」→「タスクスケジューラ ライブラリ」で
 登録したタスクを確認できます。

Windows10 Home 1803 - コンピュータの管理 - 「システムツール」→「タスク スケジューラ」→「タスクスケジューラ ライブラリ」

 後は、見栄えは異なりますが、WindowsServer 2008R2 と同じ操作ができます。

 ちょっとびっくりしたのは、アプリケーションをたくさんインストールしているマシンで見たもので、大量にタスクスケジュールがあるのでびっくりしました。


 
 
カウンタバックグラウンド