unix - コマンドリファレンス - メモリの統計情報 vmstat

 
1. メモリの統計情報 vmstat
2. 使用例

1. メモリの統計情報 vmstat

 FreeBSD のマニュアルの記載をそのまま掲載するならば
 vmstat ユーティリティは、プロセス、仮想メモリ、ディスク、トラップ、CPU の活動状況などについてカーネルが持っている統計情報を報告します。

 -M オプションが指定されていない場合には、現在実行中のカーネルからsysctl(3) インタフェース経由で情報を取得します。そうでなければ、指定されたカーネルイメージ (またはデフォルトのイメージ) 中の名前リストを使用して、指定されたコアファイルから情報を読み込みます。
 てなことになります。

2. 使用例

 FreeBSD 11.2 では、こんな感じ

> > vmstat
procs  memory       page                    disks     faults         cpu
r b w  avm   fre   flt  re  pi  po    fr   sr da0 cd0   in    sy    cs us sy id
1 0 0 136M  7.4G    25   0   0   0    35    3   0   0    7   221    90  0  1 99
 CentOS 6.8 では、こんな感じで表示されます。

> vmstat
procs -----------memory---------- ---swap-- -----io---- --system-- -----cpu-----
 r  b   swpd   free   buff  cache   si   so    bi    bo   in   cs us sy id wa st
 0  0  63404 583100 304984 2205608    0    0     0    59    3    0  1  7 90  1  0
 > vmstat -S M
procs -----------memory---------- ---swap-- -----io---- --system-- -----cpu-----
 r  b   swpd   free   buff  cache   si   so    bi    bo   in   cs us sy id wa st
 1  0     61    573    297   2153    0    0     0    59    3    0  1  7 90  1  0