unix - コマンドリファレンス - システムの停止 shutdown

 
1. shutdown システムの停止
2. FreeBSD
3. CentOS

1. shutdown システムの停止

 FreeBSD の jman では「指定時刻にシステムを停止する」と記述されています。  時刻の指定は、必ず必要です。  他、たいていの場合、オプションをつけるのですが、これが、unix の中でも異なるし、Linux とも大きく異なるので厄介です。  以下、わたしの使う、主なオペレーティングシステム・ディストリビューションでの使い方・・・。

2. FreeBSD

 基本は

shutdown [オプション] 時刻
 わたしの使う、主なオプションは
オプション 意 味 備考
-p 停止後、電源をオフ(p は poweroff の p)
-r 再起動(r は reboot の r)

 時刻は「now」しか使わないなぁ。
 「now」は、「即時」です。

 すなわち、停止して電源を切るとき


shutdown -p now

3. CentOS

 基本は

shutdown [オプション] 時刻
 形式は、FreeBSD と同様ですが・・・。  わたしの使う、主なオプションは
オプション 意 味 備考
-P 停止後、電源をオフ(P は poweroff の P)
-r 再起動(r は reboot の r)

 これも、時刻は、now しか使わない。

 厄介なのは「P」は、小文字でなく、大文字。
 こういう細かな違いの方が、覚えるのに苦労します。


 
 
カウンタバックグラウンド