unix - コマンドリファレンス - シェルの設定を表示・変更 set

 
1. set シェルの設定を表示・変更

1. set シェルの設定を表示・変更

 tcsh にも bash にもあるため、混同してしまいそうになりますが、set はシェルの内部コマンドです。  tcsh の場合

> set
 で、シェルに対する設定を表示します。

> set プロパティ = 値
 でシェル上のプロパティに値を設定します。  FreeBSD 11.2 RELEASE をインストール直後の tcsh で set コマンドを実行すると以下のような表示が得られます。

_

addsuffix
anyerror
argv    ()
autoexpand
autolist        ambiguous
autorehash
cdtohome
csubstnonl
cwd     /home/hogehoge
dirstack        /home/hogehoge
echo_style      bsd
edit
euid    1001
euser   hogehoge
filec
gid     1001
group   hogehoge
history 1000
home    /home/hogehoge
killring        30
loginsh
mail    /var/mail/hogehoge
owd
path    (/sbin /bin /usr/sbin /usr/bin /usr/local/sbin /usr/local/bin /home/hogehoge/bin)
prompt  %N@%m:%~ %#
prompt2 %R?
prompt3 CORRECT>%R (y|n|e|a)?
promptchars     %#
savehist        (1000 merge)
shell   /bin/tcsh
shlvl   1
status  0
tcsh    6.20.00
term    xterm
tty     pts/0
uid     1001
user    hogehoge
version tcsh 6.20.00 (Astron) 2016-11-24 (x86_64-amd-FreeBSD) options wide,nls,dl,al,kan,sm,rh,color,filec