コマンドリファレンス - wc 行・単語・文字・バイト数を数える

 
1. wc 行・単語・文字・バイト数を数える
2.  ソースとオブジェクトの数を数える

1. wc 行・単語・文字・バイト数を数える

 ファイルの行数・単語数・文字数・バイト数を数えます。

> wc [オプション] [ファイル名 ...]
 ファイル名を省略した場合は、標準入力の内容を数えます。
オプション 意味
-c バイト数を数えます。
-l 行数を数えます。
-m 文字数を数えます。
-w 単語数を数えます。

2. ソースとオブジェクトの数を数える

 例えば、開発環境でソースの数とオブジェクトの数がそろっているか数えるとき・・・。  以下のようにします。

> ls -l *.c | wc -l
166
> ls -l *.o | wc -l
166
 ls-l オプションを使用すると1ファイルにつき1行ずつ出力されますので、結果としてファイル数が分かるわけです。