カーネル状態の取得や設定 sysctl

 
1. sysctl カーネル状態の取得や設定
2.  CPU のアーキテクチャを調べる
3.  メモリを調べる

1. sysctl カーネル状態の取得や設定

 本項は「FreeBSDでサーバのスペックを調べるには」を参考にさせていただきました。

> sysctl [オプション] 名称[=値]
 「= 値」を設定すれば、適切な権限があれば、値を書き換えることができます。  今んとこ FreeBSD の例だけ記しておきますが。

2. CPU のアーキテクチャを調べる


> sysctl -a | grep CPU
cpu     I686_CPU
hw.model: Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU     E7300  @ 2.66GHz
dev.cpu.1.%location: handle=\_PR_.CPU1
dev.cpu.1.%desc: ACPI CPU
dev.cpu.0.%location: handle=\_PR_.CPU0
dev.cpu.0.%desc: ACPI CPU
 上記の例は 2コアの Celeron のものです。

2. メモリを調べる


> sysctl -a | grep Memory
Virtual Memory:         (Total: 2861092K Active: 2567228K)
Real Memory:            (Total: 701604K Active: 670280K)
Shared Virtual Memory:  (Total: 245736K Active: 20032K)
Shared Real Memory:     (Total: 39932K Active: 14668K)
Free Memory:    36792K