24. その他のコマンド、リダイレクトなど

 
24.1 ; コマンドの連結
24.2 < > リダイレクト
24.3 ? * ワイルドカード

24.1 ; コマンドの連結

 ";" (セミコロン)を間に置くことによって、複数のコマンドを一度に動かすことができます。
> コマンド1 ; コマンド2 [; コマンド3・・・]

 例

> cd c ; ls
Makefile        msg_recv*       semaphore.o     shmat.core      ssl.tar
clear*          msg_recv.c      setitimer*      shmat.o         test.h
clear.c         msg_send*       setitimer.c     shmget*
fork_execve/    msg_send.c      shmat*          shmget.c
log/            semaphore.c     shmat.c         shmget.o

24.2 < > リダイレクト

 "<"、">"、"&" を組み合せることによって、標準入力や標準出力をリダイレクトすることが出来ます。  例
> cat a.txt
aaa
> cat a.txt > b.txt
> cat b.txt
aaa

 Cシェルのリダイレクト構文は次のようになっています。

標準入力 <  ファイル名
標準出力 >  ファイル名
>> ファイル名(追加)
エラー出力 >&  ファイル名
>>& ファイル名(追加)
 パイプ  前のコマンドの標準入力を次のコマンドの標準入力へ連結するパイプ機能もリダイレクトの一種です。  例
> ls -l | more

24.3 ? * ワイルドカード

 ファイル名の1文字あるいは、複数の文字を任意の文字と置き換えることが出来る文字をワイルドカードといいます。  UNIX のシステムで使用できるワイルドカードには次のものがあります。
任意の1文字 ?
任意の文字列 *
[]内の任意の1文字。a-f というような範囲指定も可能[C...]
 例
> ls ptyp?
ptyp0   ptyp3   ptyp6   ptyp9   ptypc   ptypf   ptypi   ptypl   ptypo   ptypr   ptypu
ptyp1   ptyp4   ptyp7   ptypa   ptypd   ptypg   ptypj   ptypm   ptypp   ptyps   ptypv
ptyp2   ptyp5   ptyp8   ptypb   ptype   ptyph   ptypk   ptypn   ptypq   ptypt
> ls ptyp*
ptyp0   ptyp3   ptyp6   ptyp9   ptypc   ptypf   ptypi   ptypl   ptypo   ptypr   ptypu
ptyp1   ptyp4   ptyp7   ptypa   ptypd   ptypg   ptypj   ptypm   ptypp   ptyps   ptypv
ptyp2   ptyp5   ptyp8   ptypb   ptype   ptyph   ptypk   ptypn   ptypq   ptypt
> ls ptyp[246]
ptyp2   ptyp4   ptyp6
> ls ptyp[a-z]
ptypa   ptypc   ptype   ptypg   ptypi   ptypk   ptypm   ptypo   ptypq   ptyps   ptypu
ptypb   ptypd   ptypf   ptyph   ptypj   ptypl   ptypn   ptypp   ptypr   ptypt   ptypv