コマンドリファレンス - リンクの作成 ln

 
1. ln ファイルのリンク作成
2.  主なオプション

1. ln ファイルのリンク作成

 ファイルのリンクを作成します。リンクの作成には、ハードリンクとシンボリックリンクがあります。両者の違いは、ハードリンクはディレクトリ内のエントリを作成しているため、別のファイルシステムへのリンクを作成することは出来ないのに対し、シンボリックリンクは、パスを格納したファイルを作成するのでファイルシステムを越えてリンクできるということです。。

> ln 既存ファイル ファイル名
 既存のファイルに新しい名前(リンク)を作成します。

> ln 既存ファイル 既存ディレクトリ
 既存のファイルへのリンクを別ディレクトリに作成します。ファイル名は同じになります。

> ln -s 既存ファイル名または既存ディレクトリ名 ファイル名
 既存のファイルまたは、ディレクトリに対して、シンボリックリンクを作成します。シンボリックリンクは、ディレクトリに対してもリンクすることが出来ます。

2. 主なオプション

 わたしの使用する主なオプション
オプション 意味
-f 作成先のファイルまたはディレクトリが既に存在する場合、リンクが成功するように、これをアンリンクします。
作成先があるときにこれを指定しないとエラーになります。