コマンドリファレンス - 環境設定系コマンド

 
1. login ログイン
2. exit ログアウト
3. cd カレントディレクトリの変更
4. pwd カレントディレクトリの表示
5. script 端末操作の記録
6. su ユーザの切り替え

1. login ログイン

 現在のセッションを終了し、新しくログインを開始します。  複数のユーザー名を登録していて、これを切り替えて使うような場合に便利です。通常にログインするときと同様にログインシェルが実行されます。

> login ユーザ名
Password:
 このコマンドを使えば、telnet や ssh でログインしていて、別のユーザに切り替えたい場合、ログアウトして、コネクションを切断する必要がありません。  ただし、exit すると su や telnet でネストをかけてログインしているときのように、元のユーザに戻るのではなく、一気に全部ログアウトしてしまいます。

2. exit

 logout というコマンドとまったく同じ動きをします。

> exit
 端末からログアウトします。  通常は、[Ctrl-D] でも代用できますが ignoreeof という環境変数が設定されている場合は、必ず exit コマンドを必要とします。

> set ignoreeof
> ^D
ログアウトは"logout"を使用して下さい
> exit

3. cd

 カレントディレクトリの変更を行います。

> cd  [ディレクトリ名]
 ディレクトリの指定方法には、相対パスで指定する方法と絶対パスで指定する方法とがあります。  たとえば、現在 /home/user にいて、/home/user/subdir に移動する場合、

> cd  subdir
 と記述する方法と

> cd  /home/usr/subdir
 と記述する方法とがあります。  また、特殊なディレクトリの記述方法として
記述 意味 備考
. 現ディレクトリ
.. 親ディレクトリ
(ディレクトリ名を指定しない) ホームディレクトリ
~ユーザ名 他のユーザのホームディレクトリ
 があります。csh系で set prompt='%/> ' でカレントディレクトリを表示させているものとして

/home/user > cd  .
/home/user > cd  ..
/home/ > cd  ~other
/home/other > cd
/home/user > cd ../..
/ >
 というような動きになります。  ちなみにこの現ディレクトリ「.」親ディレクトリ「..」の表現は、Windows のコマンドプロンプトでも使用できます。

4. pwd

 カレントディレクトリを表示します。  set prompt='%/& ' を使ってカレントディレクトリを表示させていないと、プロンプトしか表示されません。

/home/user > set prompt='$ '
$ pwd
/home/user
 ってな説明で理解いただけるでしょうか。

5. script

 端末の操作を記録します。

> script [出力ファイル名]
 出力ファイル名を省略すると、typescript というファイルに出力されます。  ファイルへの出力を終了するのには、exit コマンドを使います。この場合は、ログアウトせずに、ファイルの出力を停止してクローズするのみです。  パンチミスしそうなときや、大事な作業を行うときに記録を残しておくために使います。

6. su

 ログイン中のユーザを一時的に切り替えます。

> su [ユーザ名]
Password: ← パスワードを入力します(もちろんエコーバックされません)
 ユーザ名を省略すると root ユーザでのログインになります。