コマンドリファレンス - ファイルシステムのマウント mount

 
1. mount ファイルシステムのマウント
2.  オプション
3.  例

1. mount ファイルシステムのマウント

 ファイルシステムのマウントを行います。  通常は、以下の記述になります。

> mount [オプション] デバイス名 ノード名
 mount のみ入力した場合、現在マウントしているデバイスの一覧を表示します。

2. オプション

 わたしが使用する主なオプションは以下の通り。
オプション 意味
-t デバイスのフォーマットを指定
-t を省略した場合は ufs 形式でマウント
msdosfs FAT32
nfs NFS
-o -L= = の後にロケール情報を記述してファイルシステムのロケールを指定
UTF8 であれば ja_JP.UTF-8

3. 例

 FAT32 でフォーマットした USB デバイスでフォルダ・ファイル名に日本語がはいっていたもので  デバイス名 /dev/da0s1 を /mnt にマウントした際

> mount -t msdosfs -o -L=ja_JP.UTF-8 /dev/da0s1 /mnt
 他のマシンへバックアップした際。  マウント先の IP アドレスが 192.168.0.3 で、/usr/backup をエクスポートしている。  マウント元で /mnt/windows にマウント

> mount 192.168.0.3:/usr/backup /mnt/windows