コマンドリファレンス - GPT パーティション操作 gpart

 
1. gpart GPT パーティション操作

1. gpart GPT パーティション操作

 このコマンドはとんと知りませんでした。  「FreeBSDのgpartコマンドでGPTパーティションを定義する」を読んで教えていただいた次第です。  FreeBSD のみで使用できるコマンドです。  実際にはまさに GPT パーティションを操作するために使用するコマンドですが、現在のパーティションの状態を fstab よりさらに詳しく調べることができます。

/etc/fstab
 が

# Device	Mountpoint	FStype	Options	Dump	Pass#
/dev/ada0p2	/			ufs		rw		1		1
/dev/ada0p3	none		swap	sw		0		0
 という記述になっていれば ada0 というデバイスが存在するわけです。  これを show というコマンドを使えば

> gpart show ada0
=>       40  335544240  ada0  GPT  (160G)
         40     409600     1  efi  (200M)
     409640  326746112     2  freebsd-ufs  (156G)
  327155752    8388527     3  freebsd-swap  (4.0G)
  335544279          1        - free -  (512B)
 てな具合に表示されて「GPT」でフォーマットされていること、システムパーティションが「EFI」で構成されていることが分かるわけです。