3. ドライブ・ストレージ関連 - WD ローレベルフォーマッタ - ローレベルフォーマット

 
3.1 USB から起動
3.2 ローレベルフォーマッタの起動
3.3 fsck してみる

3.1 USB から起動

 前項で作成した USB ドライブ(メモリ)をターゲットのマシンに接続し、電源を投入。  BIOS を開いて、ハードディスクドライブより USB が起動順として上に来るようにして、再起動。  そうすると USB ドライブから起動します。

3.2 ローレベルフォーマッタの起動

 FreeDOS の OS が起動したら

DOSDLG.exe Enter
 でローレベルフォーマッタを起動します。  起動時に、使用許諾的な文言が出て Y したような・・・。そこは写真撮り忘れました。  目的のディスクが選択されていることを確認。

 「Quick Test」Enter r


 やっぱりなんだかエラーになっているのです。


 「Write Zeros To Drive」を選択して(これがローレベルフォーマット) Enter


 f (Full Erase)


 c (Continue?)


 終了後に「Quick Test」したらエラーなしになりました。


3.3 fsck してみる

 OS インストール後(そもそも以前は OS インストール時に先頭ページのエラーがコンソール上に表示されていましたがそれも出なくなりました)に OS 上で fsck してみました。

> fsck
** /dev/ada0p2 (NO WRITE)

USE JOURNAL? no

** Skipping journal, falling through to full fsck

SETTING DIRTY FLAG IN READ_ONLY MODE

UNEXPECTED SOFT UPDATE INCONSISTENCY
** Last Mounted on /
** Root file system
** Phase 1 - Check Blocks and Sizes
** Phase 2 - Check Pathnames
** Phase 3 - Check Connectivity
** Phase 4 - Check Reference Counts
** Phase 5 - Check Cyl groups
302898 files, 783628 used, 36029483 free (3803 frags, 4503210 blocks, 0.0% fragmentation)
 おおお、エラーなくなりましたやん。