3. EaseUS シリーズ - パーティションエディタ EaseUS Partition Master - パーティションの分割

 
3.1 概要
3.2 起動
3.3 サイズ調整/移動
3.4 パーティションの作成

3.1 概要

 分割されていないことには、パーティションの統合もできないわけで。  パーティションの分割を試してみたいと思います。

3.2 起動

 起動直後の画面です。

 AOMEI もそうなのですが、どうも外国製の製品は、フォントがいささか貧相に見えます。
 こういう感覚は、日本人にしか存在しないのでしょうか?
 返って印象を悪くするくらいであれば、いっそのことシステムフォントにまかせておけばいいのにね。

 で、操作しようとして、はたと気づきました。
 どうも「パーティションの分割」という1手順の操作がなさそうなのです。
 パーティションの縮小を行って、空きとなった領域に新たなパーティションを作成するという手順かしら・・・?。

3.3 サイズ調整/移動

 編集するディスクを選択して  「選択したパーティションのサイズ調整/移動」

 サイズを入力するほか、印の部分をドラッグしたりしてサイズの調整ができるようです。
 (ははぁ、ここで「操作をする前に EaseUS Todo Backup」でバックアップをお勧めします。」ちゅうから EaseUS Todo Backup がインストールされているのね)


 よいサイズが決まったら
 「OK」


 「変更を適用」


 「はい」


 「はい」


 宣言通り、再起動されました。
 再起動時に、MS-DOS のような画面が表示されて実行していたようです。(キャプチャをとりそこなった)

3.4 パーティションの作成

 ここからの手順は Windows の機能で「コンピュータの管理」  「記憶域」→「ディスクの管理」で「新しいシンプルボリュームを作成」した方が早いような気がしますが・・・。  EaseUS Partition Master を起動して  未割当の領域を右クリックして「パーティションを作成」

 ボリュームラベルやらサイズ・位置を確認して
 「OK」


 「変更を適用」


 「はい」


 パーティションの作成は起動したままできるようです。


 「OK」


 ドライブレターに競合が発生して、エクスプローラで見えるようになるには、再起動が必要でした。