TortoiseSVN - ブランチ・タグの作成

 
 この項は「Subversionにおけるtrunk, branches, tagsの使い方」と「TortoiseSVNの使い方 7 タグとブランチ」を参考にさせていただきました。
1. トランク・ブランチ・タグの違い
2. ブランチ・タグを作成する

1. トランク・ブランチ・タグの違い

・トランク(trunk)  本線を置くツリー。  本線はひとつしかないはずなので、ブランチとタグは英語で複数形なのにトランクは単数形になっているのだそうです。  なるほど。 ・ブランチ(branches)  トランクから分岐させて開発を行うツリー。 ・タグ(tags)  納品時など、決まったタイミングのトランクのコピーを取っておくツリー。  本線にトランクを置いておいて、開発や不具合対応用のソースをブランチにコピーして修正し、試験が終わった時点でトランクに反映する。  リリースを行った時点のものをタグにコピーしておく。  というのが正式な開発の流れだそうです。

2. ブランチ・タグを作成する

 ブランチやタグを作成したいフォルダを右クリックして  「TortoiseSVN」→「ブランチ/タグの作成」

 『相手先パス』の「...」でリポジトリブラウザを開いて、分岐先を確認しておくのがよいと思います。
 相手先を決定したら「OK」で作成できます。