5. バージョン管理 - Subversion - バックアップ - 同期

 
5.1 同期

5.1 同期

 前項までの状態で、同期させる準備は万端です。  下記のコマンドで同期させます。

> svnsync sync https://同期先/リポジトリ
 初期化時と違って、バックアップ先の URL しか記述しません。  ユーザ名・パスワードも保存しているので入力しませんのでご注意ください。  下記のようなメッセージが出力されます。

リビジョン 1 をコミットしました。
リビジョン 1 の属性をコピーしました。
リビジョン 2 をコミットしました。
リビジョン 2 の属性をコピーしました。
リビジョン 3 をコミットしました。
リビジョン 3 の属性をコピーしました。
ファイルのデータを送信しています .......................................
リビジョン 4 をコミットしました。
リビジョン 4 の属性をコピーしました。
 リビジョンの中で更新情報が多いものは、上記の例ですとリビジョン 3 のように「...」を出力します。大量にあればドットの数が、何画面にもわたって出力されることもあります。  完全に同期が終わるまでにどれくらいかかるかは、リビジョンの多さに左右されます。数時間で終わる場合もあるでしょうし、数週間にわたることもあります。