2. FFFTP - Bitvise SSH Client との連動 - インストール・鍵の設定

 
2.1 インストール
2.2 鍵の設定

2.1 インストール

 ダウンロードしたインストーラを開きます。  「I agree to accept...」にチェックを入れて  全ユーザに使わせるのか、デスクトップアイコンを作成するのか、インストール後に起動するのかはお好みでチェックをいれて  「Install」一発でインストールできます。
FFFTP - Bitvise SSH Client - インストールダイアログ

2.2 鍵の設定

 「Bitvise SSH Client」を起動します。  デフォルトでリモートからのアクセスがループバックアドレス経由(127.0.0.1)になっているはずですが「Remote Desktop」タブで確認しておきます。
FFFTP - Bitvise SSH Client - 「Remote Desktop」タブ

 間違いなければ「Login」タブを開きます。
 鍵を設定します。

 「User keypair manager」

FFFTP - Bitvise SSH Client -「Login」タブ

 鍵を管理する画面が表示されます。
 「Import」ボタンでファイル選択のダイアログが表示されますのでホスト側で作成したクライアント用の鍵ファイルをインポートします。

FFFTP - Bitvise SSH Client -「Global Keypair Management」ダイアログ

 鍵生成時に使用したパスワードを聞いてきますので、入力します。
 「Continue」ボタンでインポートされた状態になりますので、ダイアログを閉じます。

FFFTP - Bitvise SSH Client -「パスワード入力」ダイアログ

 「Import」

FFFTP - Bitvise SSH Client -「Import Keypair」ダイアログ

 確認して問題がなければダイアログを閉じます。

FFFTP - Bitvise SSH Client -「Global Keypair Management」ダイアログ