6. 仮想化ソフトウェア - FreeBSD - bhyve - ゲスト OS インストール

 
6.1 インストール開始
6.2 ゲストのコンソールを開く
6.3 インストール起動しなおし

6.1 インストール開始

 いよいよインストール開始であります。

> vm install vm10.4 FreeBSD-10.4-RELEASE-amd64-disk1.iso
Starting vm10.4
  * found guest in /仮想環境パス/vm10.4
  * booting...
> vm list
NAME    DATASTORE  LOADER     CPU  MEMORY  VNC  AUTOSTART  STATE
vm10.4  default    bhyveload  1    4G      -    No         Running (1250)
> pgrep -lf vm
1250 bhyve: vm10.4
980 /bin/sh /usr/local/sbin/vm _run vm10.4 /仮想環境パス/.iso/FreeBSD-10.4-RELEASE-amd64-disc1.iso
803 /usr/local/lib/vmware-tools/sbin/vmtoolsd
 なるほど。

6.2 ゲストのコンソールを開く


> vm console vm10.4
Connected

Writing entropy file:.
/etc/rc: WARNING: $hostname is not set -- see rc.conf(5).

 ここで、進まないのでぬけようとしたら、なんにも入力できなくて焦りました・・・。  ~.(チルダ、ドット)で抜けられます。  一度停止

> vm poweroff vm10.4
Are you sure you want to forcefully poweroff this virtual machine (y/n)? yEnter

6.3 インストール起動しなおし

 開始時にコンソールを開くようにしてやり直し・・・。

> vm -f install vm10.4 FreeBSD-10.4-RELEASE-amd64-disc1.iso
Starting vm10.4
  * found guest in /仮想環境パス/vm10.4
  * booting...
 この後、見慣れた boot 時の画面が(モノクロ)で表示されました。  止まってるのかなぁと思ったら動いてました。  やっぱり、VMWare 上だとメモリを与えてやっても重いんですね。  しばらく待っていると参考サイトの通りに、コンソールの端末モード設定がきかれました。

・・・	略	・・・

        media: Ethernet 10Gbase-T <full-duplex>
        status: active
Starting devd.
Starting Network: vtnet0.
vtnet0: flags=8902<BROADCAST,PROMISC,SIMPLEX,MULTICAST> metric 0 mtu 1500
        options=80028<VLAN_MTU,JUMBO_MTU,LINKSTATE>
        ether 58:9c:fc:09:78:d5
        hwaddr 58:9c:fc:09:78:d5
        nd6 options=29<PERFORMNUD,IFDISABLED,AUTO_LINKLOCAL>
        media: Ethernet 10Gbase-T <full-duplex>
        status: active
add net fe80::: gateway ::1
add net ff02::: gateway ::1
add net ::ffff:0.0.0.0: gateway ::1
add net ::0.0.0.0: gateway ::1
Generating host.conf.
eval: cannot create /etc/host.conf: Read-only file system
eval: cannot create /etc/host.conf: Read-only file system
eval: cannot create /etc/host.conf: Read-only file system
Creating and/or trimming log files.
Starting syslogd.
ELF ldconfig path: /lib /usr/lib /usr/lib/compat
32-bit compatibility ldconfig path: /usr/lib32
Clearing /tmp (X related).
Starting local daemons:
Welcome to FreeBSD!

Please choose the appropriate terminal type for your system.
Common console types are:
   ansi     Standard ANSI terminal
   vt100    VT100 or compatible terminal
   xterm    xterm terminal emulator (or compatible)
   cons25w  cons25w terminal

Console type [vt100]:
 Tera Term 上でやってんですけど、xterm を指定できるのかしら・・・やってみます。  おおお、出たよ。素敵。
Vivaldi設定:キーボード画面

 ちなみに、画面をちょうどにするには、Tera Term の Windows Size を 80x24 にします。

 後は、手慣れた手順なので、省略。
 参考にしたい方は「FreeBSD 10.4 RELEASE」をどうぞ。