仮想化ソフトウェア - FreeBSD - bhyve - 概要

 
1. 概要
2. 参考サイト
3. その日はいきなりやってくる

1. 概要

 まぁ、まずは「ウィキペディア - bhyve」をご参照ください。  内容は少ないですけどね。  FreeBSD 10.0 RELEASE 以降で標準装備ということで、比較的新しい(別の言い方をすれば後発)のだなと改めて納得。

2. 参考サイト

 本稿は下記のサイトを参考にさせていただきました。
FreeBSD bhyve + vm-bhyve でゲストにFreeBSD 環境を入れてみる」
「BSD界隈四方山話 第18回 使ってみようハイパーバイザ bhyve

3. その日はいきなりやってくる

 この記事は、書きかけのまま、長らくあっためて(笑)いたのですが・・・。  急に 使っておけばよかったってことになったのです。  そもそも使えるんかどうかも今んとこ謎だし、実際の必要な作業に間に合うかどうかもわからんのですが、とりあえずやってみるだけ、やってみるず・・・。  2018年10月2日に稼働中のマシン(FreeBSD 11.1 RELEASE)のサポートが切れちゃったものでね。  FreeBSD 11.1 → 11.2 の freebsd-update の試験を行うべし・・・ってなったのです。  で、VirtualBox でそれをやろうと思ったのですが、VirtualBox を使用している環境はテザリング環境でね。  ネットワーク越しにはいれる、FreeBSD のマシンは、通信費固定なので、そのマシン上でやろうか・・・と。  かといって、そのマシンで VirtualBox を動かすよりは bhyve なのかなぁ・・・。