VirtualBox - Guest Additions インストール - PCLinuxOS - 201806 - KDE

 クラウディア
1. 概要
2. インストール

1. 概要

 ディストリビューションが、同じだから、MATE と同じやりかたでいけると思っていたら・・・さにあらず。  以下は、「PCLinuxOS 2018.06」KDE の環境で実行したものです。

2. インストール

 ログインした状態で  VirtualBox のメニューで  「デバイス」→「Guest Additions CD イメージの挿入...」(ここは、おなじみなのでキャプチャとりません、見たい方は他のページをご参照ください、ここ前ページと同じです)  ここからが・・・
「VirtualBox Guest Additions」「PCLinuxOS 201806 KDE」-「CD イメージの挿入」

 「AUTORUN」が動いてくれないのです。

 端末を起動して、シェルを手で起動するかな・・・と。
 ただし、「Linux Mint KDE」で学習したように「Konsole」では、だめなはず。「XTerm」で

「VirtualBox Guest Additions」「PCLinuxOS 201806 KDE」-「XTerm 起動」

 root ユーザで


/media/hogehoge/VBox_GAs_5.2.26/autorun.sh	←	バージョンによって変わります
 インストールは、うまくいったようです。
「VirtualBox Guest Additions」「PCLinuxOS 201806 KDE」-「インストール」

 Enter で抜けて、メディアをイジェクトします。

KiPuRuTokyo Speed Wi-Fi
 
 
カウンタバックグラウンド