VirtualBox - Guest Additions インストール - PCLinuxOS - 201806 - MATE - MATE

 
1. 概要
2. メディア挿入
3. 起動できなくなった

1. 概要

 以下は、「PCLinuxOS 201806」MATE の環境で実行したものです。

2. メディア挿入

 ログインした状態で  VirtualBox のメニューで  「デバイス」→「Guest Additions CD イメージの挿入...」(ここは、おなじみなのでキャプチャとりません、見たい方は他のページをご参照ください)  お、いい感じ。  「OK」
PCLinuxOS - 201806 - MATE - virtualbox-guest - 1

 「Run」

PCLinuxOS - 201806 - MATE - virtualbox-guest - 2

 root ユーザのパスワードを入力して
 「Authenticate」

PCLinuxOS - 201806 - MATE - virtualbox-guest - 認証

 これは、うまくいったように見えます。

PCLinuxOS - 201806 - MATE - virtualbox-guest - インストール

 少なくとも、インストールはうまくいっています。

PCLinuxOS - 201806 - MATE - virtualbox-guest - 確認

3. 起動できなくなった

 ところが・・・だ。  再起動すると・・・。  Xserver が立ち上がらなくなって、下記の画面が出た後。
PCLinuxOS - 201806 - MATE - virtualbox-guest - 再起動できなくなった

 グラフィックログインが起動せず、コンソールログイン画面しか、起動しなくなったのです。

 こうなりゃ、最後の手段ですね。

 コンソールから、root でログインして


Xorg -configure
mv /etc/X11/xorg.conf /etc/X11/xorg.conf.old2
mv xorg.conf.new /etc/X11/xorg.conf
reboot
 これで、「VirtualBox Guest Additions」も有効な形で、グラフィック起動できるようになりました。
 
 
カウンタバックグラウンド