VirtualBox - Guest Additions インストール - Ubuntu MATE 18.10

 
1. 必要なパッケージのインストール
2. Guest Additions インストール
3. 再起動後

1. 必要なパッケージのインストール

 Ubuntu、Lubuntu の 18.10 が簡単にインストールできたので、Ubuntu MATE も同じようにいくかと思えば、さにあらず。  ホストの VirtualBox のメニューで  「デバイス」→「Guest Additions CD イメージの挿入」したら
VirtualBox - Ubuntu MATE 18.10 - Guest Additions インストール失敗

 「gcc」「make」「perl」のパッケージをいれなさいと言われちゃいました。
 Ubuntu MATE は、不要なパッケージはあえてインストールしていないと見た。

 ゲストのデスクトップで端末を開いて


$ sudo apt install gcc
$ sudo apt install make
$ sudo apt install perl

2. Guest Additions インストール

 再度、ホストの VirtualBox のメニューで  「デバイス」→「Guest Additions CD イメージの挿入」  「オートランの問い合わせを開く」で  「OK」
VirtualBox - Ubuntu MATE 18.10 - 「自動的に起動されることを意図したソフトウェアが入っているメディアを挿入しました」

 「実行」

VirtualBox - Ubuntu MATE 18.10 - 「実行してみますか?」

 ログインユーザのパスワードを入力して
 「認証する」

VirtualBox - Ubuntu MATE 18.10 - 認証

 今度はうまくいったように見えます。

 Enter

VirtualBox - Ubuntu MATE 18.10 - Guest Additions インストール

3. 再起動後

 再起動後に、ログイン。  端末を開いて

$ pgrep -lf box
14742 VBoxService
 動作しているようです。